未分類

25番から習うセクシービサヤ語 モトボサツ流KTVで指名しない技

投稿日:

DSC_0088モトボサツ勝手にブログセブ島編というブログも何時の間にか書き始めてから3年になろうとしている。

元々ブログを書くきっかけはビサヤ語情報だった。

ブログに展開するまでは自分が普段使っている簡単なビサヤ語表現をフェイスブックに投稿していたが、どういった場面でどんな気持ちで使う等という細かいストーリーが展開できない。

画像と文章がバラバラだと臨場感が出ないのだ。

語学習得には一期一会的な脳に叩き込むタイミングが必要だと思っている。

やはりブログにするしかない。

そこでモトボサツ勝手にブログセブ島編というタイトルで書き始め、現在はVOL2に至る。

2013年6月4日、勝手にビサヤ語 その1を投稿。

今の内容に比べるといたってシンプル。

visayago1  ↑↑ぜひクリックして本文をご覧ください

フィリピンという変な国のセブという変な島で話されてるビサヤ語。

まさかセブに住むまで自分がそんな奇妙な生活をするなんて夢にも思っていなかった。

しかし、思えば昔から相手の土俵にわざわざ上がって勝負するのが好きだった。

いわゆる損な性分。。。

相手をこちらの都合に合わせる性格をしていたのならもっと成功していたのかも知れないなとたまに思う。

原住民相手にビサヤ語でちょっとだけ話すと相手の反応が必要以上に凄い。

「You Know How to Speak Visaya?」

判で押したように全く同じフレーズが返ってくるから興味深い。

 

「ビサヤ語とセブアノ語ってどう違うんですか?」

これ良く聞かれる質問。

いわゆる九州弁と長崎弁の関係みたいなものだ。

セブ島独自の伝統的な言葉を特にセブアノ語と呼ぶようだ。

大学でもセブアノ語の授業がちゃんとある。

しかし全く大学生には人気が無い。。。

我々日本人が古典を勉強するような感じあろうか。

そしてスペリングの統一化。

フィリピン人にビサヤ語のスペリングを質問するとヤバイ。

それはUだのOだのと突然ミニ会議が始まってしまう。

スペインがやってきて後付的に文字が追加されたらしく、いまだにスペリングは超適当。

  *

2013年からつれづれなるままにその日自分が使ったビサヤ語をネタにブログに書いていたが、そのうちそのストーリーの背景自体に比重が移っていった。

そして50話まで行った時にタイトルを具体化に展開してみた。

今ではビサヤ語はブログの一部になってしまったが、

「モトボサツさんのブログでビサヤ語勉強しているんですよ」

そういってビサヤ語を書き留めたノートを見せてくれた方も居る。

DSC_0114

千葉県に住むとーちゃん(仮名)が持ち歩くビサヤ語ノートが凄い。

二つに折ってケツポケ入れて千葉のフィリピンパブへ激しく武者修行に出かけたらしい。

Pパブでビサヤ語のフィリピーナを探し試合だ。

スポーツと同じで実戦の数だけ強くなる。

 

とーちゃんの試合にお供しセブ市内にあるクラブキングとうKTVへ試合にでかけた。

「グシメイ(ご指名)はございますか?」

「居ません。。。」

「ショーアップですね!」

モトボサツ流は指名しない。

お気に入りを作ると強くなれないからだ。

試合相手は毎回変わった方が絶対良い。

その夜とーちゃんは適当に25番を選んだ。

DSC_0115

とーちゃんのノートには放送禁止ビサヤ語が沢山書いてある。

表彰されて良いくらいフィリピン熱心だ。

DSC_0092

そしてこのビサヤ語ノートを見たKTVガールで喜ばない子は居ない。

お母さんから怒られるような内容ばかり書いてある。。。

大真面目にそれをオッサンが勉強している滑稽さは大いに母性をクスグルだろう。

25番のフィリピーナが問題を作ってくれた。

DSC_0101 DSC_0104

それだけで1回分かるく延長させる事ができる!

DSC_0100

25番は正解するといちいち踊ってくれる。

まるで大人保育園の保母さんだ。

25番はステージの出番なので席をはずし変わりに9番が代打でやってきた。

スキルアップのチャンスだ。

男は相手が変わるたびにイイ男になる。
DSC_0118

DSC_0125

 

おもしろきこともなき世をおもしろく
takasugi

高杉晋作という天才はそういった。

人生の極意ともいえるこの表現に宇宙の真理を感じて止まない。

とーちゃんの生き方はまさに自分で人生を面白くしている。

とーちゃんをきちんと介護してくれた25番も素敵だったが実は25番をそう持って行ったとーちゃんが偉い。

消費者王様なニッポン。

黙って座ればあとは店が何とかしてくれると思うと、おもしろきこともなき世は普通につまらない世になるだろう。

相手次第から自分次第へ。

自分で楽しくする工夫をとーちゃんから教えてもらった夜だった。

ビサヤ語セクシーノート。

どうせ作るなら何月何日にどの店のどの子から習ったものか本人のサインも貰っておくと付加価値が高くなるだろう。

ぜひお試しください。

 

もし良かったらストロングぎみにダブルクリックお願いします!にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

 

スポンサーリンク





-未分類

執筆者:


  1. volcano より:

    以前のblogのようにコメ数が最初に分かると良いと思います。

    P語…相手を笑わせるフレーズなら覚えてもいいかなと。どうせP人、誰かの悪口か、ワタシ可哀想の話しかしないから、英語だけでいいやと。ただ面倒臭いだけ(笑)。住めば、また違うと思います。
    下記の会話がありますが、本当でせうか?

    フィリピンに子供の頃に日本軍から覚えた日本語を話せるお婆ちゃんがいて、
    どんな、日本語なんですか?って日本の若者が聞いたら、
    「キサマ~!、コノヤロ!バカヤロ!」って言ったらしい。お婆ちゃんは意味は分かってないらしい。

    >お婆ちゃんは意味が分かってないらしい
    それはおかしい。Bakeroはすでにフィリピンの単語になっちゃってるw

    • motobosa2 より:

      volcanoさん

      バキャロはけっこう知ってますね。
      特に年配のフィリピン人達。
      なんとなくフィリピンの言葉に近いからでしょうかね?

  2. ライスシャワー より:

    モトボサツさん、こんにちは。

    めちゃくちゃ面白い動画があります。
    http://bakesta.com/archives/11634

    笑ってしまいましたwww

    セブのジュリアナってそんなにいいところなんですか?

  3. 魔神boo より:

    ビサヤ。セブアノ。マーそんな感じの分類になるんでしょうかねーー?私にはヨークわかりましぇん。
    セブアノの授業があるんですか。。ビックリ。。

    フィリピン英語
    Hause がhausだそうで。。
    最初は間違ってると思っておりました。

    • motobosa2 より:

      魔人さん

      セブアノの授業、日本だと古文みたいなノリなのでしょうかね。。。
      でも英語の先生とかスペイン語の先生が適当に教えてるきがします。
      ダイジュブかな?

  4. ライスシャワー より:

    『おもしろき こともなき世をおもしろく』

    高杉のこの辞世の句が俺は大好きで、いくら痛いオヤジと言われようが残りの人生をフィリピンボケのまま面白く過ごしたいなと….(笑)

    『すみなすものは心なりけり』は高杉が言った言葉ではありませんが、この野村があとから付け足した言葉がなければ….

    • motobosa2 より:

      ライスシャワーさん

      フィリピンは貧しく単純な国ですが、まぁおもしろきこともなき世をおもしろく生きるは良いですね。

  5. みこちん より:

    こんばんは。

    ネーム番号を付けているのは、あのお店とこのお店。
    25番が在籍するのはあのお店ですね。(笑)
    今度行ったら踊ってもらお♪(爆)

    去年、某店某お譲が、リクエストカードの裏にビサヤ語を書いてレクチャーしてくれました。
    その中に、『moshi moshi = Helo』って英語やん。

    • motobosa2 より:

      みこちんさん

      凄いですね。ゼッケンで店がわかるんですか。
      25番エンターテイナーですよ

  6. ライスシャワー より:

    何度もすみません。
    先に紹介した動画のページが無くなってますね。

    Youtubeで見つけましたので、以下で見ることができます。

    『総統閣下がフィリピンセブ留学にお怒りのようです』
    https://youtu.be/-4-7hPbqnhc

    • motobosa2 より:

      ライスシャワーさん

      バカうけ!!
      これ作った人天才ですね。
      でも本当はこれ全然違うストーリーなんでしょ?

  7. ヤマダ より:

    初めまして。ヤマダと申します。
    昨年セブに数ヶ月住んでいました。
    もちろん、モトボサツさんのブログは当時より拝読しております。
    一方的にお見かけしたこともございます(笑)

    この記事の写真が懐かしく、つい書き込みました。
    在住時、通った店だったので(笑)

    セブから日本に戻った後は一度しかセブに行ってませんが
    また行きたいな〜と思っています。楽しかったな〜セブ。

    • motobosa2 より:

      ヤマダさん

      ブログご覧頂きありがとうございます。
      通った店ですか!
      ふふふ ぜひまたいらしてくださいね~

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

【検証フィリピンビジネス】勝ち組の法則 究極のビジネスとは?

日本人がフィリピンでビジネスを立ち上げるとおおよそ失敗すると言われている。 東京などの大都市と比べると人件費、家賃など固定費がはるかに安い。 人口と購買力が右肩下がりの日本に未来は見えないという声が一 …

Mag pa bugnaw 映画館編 モラルなんて実態の無い物は要らない国

たびたび本ブログに登場する近所の海賊版DVDショップ。 手前はDVDの正規品を違法コピーしたもので、DVDコピーと呼ばれスタッフが鬼の首取ったような顔で得意げに勧めてくる。 正規品を違法コピーしてた商 …

ゆっくり歩きゆっくり食べよう日曜日 隣のバナナ編

  You eat a banana you are dealt ,however that tastes. となりのバナナは美味そうに見える。でも手にしたバナナを味わうしかないのさ 心が軽 …

【サバイバル】俺のセブ島生活 健康じゃないとここでは生きていけない

2017年に入り、早朝エクササイズの内容を下記に変更。 朝から走ると死亡率がグンと高いと統計上出ているので、走る時間と距離を大幅に短縮した。 その代わり、Jumping ropeを導入。 昔キックボク …

【究極の洗濯】フィリピーナのパンツ革命

土曜日は朝から洗濯をすることにしている。 洗濯や食器を洗ったり洗浄系の作業をするとストレスが発散され、頭の中まで洗浄されたような気になれる。 ただし、自分の服とカワイイちゃんの服だけ。 カゴの中に全員 …

スポンサード リンク

モトボサツ 勝手にブログセブ島編 VOL1

モトボサツ協賛サイト 英語ビギナー必見!

  • モトボサツ投稿記事抽出

現地医療保険 見積もり無料

  • 現地医療保険 ツーリストでも入れる!

PR スポンサー ドリンク

メイドをお探しの方

  • セブでメイド♡紹介記事

フィリピンってどんな国?

  • 【総まとめ】フィリピンってどんな国?10年の軌跡