未分類

思い出のシーンにはいつも長崎バス

投稿日:

BUS01



 

 

 

 

私の故郷は長崎。

愛と天使と坂の街だ。

18歳まで私の世界は全て長崎だった。

坂の街はキツい。

中学も高校も息を切らしながら坂を上って通学しなければならなかった。

坂道は雪が降ると途端に交通が麻痺する。

ロマンとか歴史等より当時は生活の不便さが目立った18年だった。

そして故郷を出た。

特に出たいという強い欲求があったわけでもなかったがそういう運命だったのだろう。

よその土地で色々と苦労を重ね、改めて見た故郷長崎はずば抜けて輝いて見えた。

今もそう。。。

現在セブに住みながら、もう戻る事はない街に思いをはせることがある。

長崎バス。

故郷を語るにその存在は欠かせない。

大都市のように地下鉄など無い田舎町では生活の足はバスだ。

思い出のシーンにはいつも長崎バス。

 

長崎バスのコマーシャルを偶然みつけた。

運転手は役所広司。

長崎バスのCMも幾つか種類があるが、個人的に大好きなのはこれ。

「南越のふたり」

姉妹が冬の冷たいバス停でバスが来るのを待つ。

その背景とは裏腹に姉妹の暖さが相対的に引き立つ。
BUS02

お姉ぇちゃ~ん

バスも寒いとかな?
ブルブルってしたばい。

妹の長崎弁は完璧だ。

恐らくその辺から連れて来たのだろう。

特に「ブルブルって」という部分が長崎弁の神髄。

BUS03

ふふふ

姉のセリフは一カ所だけ。

妹の凄さは、演技していない所。

撮影しているという意識がないのかもしれない。

二人のやり取りを暖かく微笑むバスの運転手。yakusho01

彼の人生の深さを感じ取ってしまいそうだ。

発射します。

bus04
街まで1時間。。。
二人にとっては大冒険だ。
名も無き1日を走る長崎バス。 

一杯やりながらこの動画を見るのが最近の楽しみだ。

もう何度観たか分からない。

心の奥底に沈殿してしまった暖かい思い出が長崎バスと共に蘇ってくる。

非日常を楽しむバーチャルの世界。

セブだとこんな人情入れてたら直ぐヤラれちまう。

エスカリオ通りまで1時間
モトボサツにとっては大冒険だ
決死の1日を走るアミーゴ号

 

良かったら名も無き応援クリック1回お願いします! にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ

 

スポンサーリンク


-未分類

執筆者:


  1. volcano より:

    突如、こんなnewsが….

    政府支援で九州旅行が最大70%off。しかし、被災地熊本や大分以外の5県は、20%off。
    ・ 割引期間は7月~12月まで
    ・ 旅行会社などで旅行券を購入するときに、割引かれる

    ヘリコプターマネーなど考えてる政府。全て70%offにすればいいのに

    • motobosa2 より:

      volcanoさん

      海外から戻ってくる日本人、ホテル半額とかしてくれんかな。。。

  2. アルソワの母 より:

    役所広司!小学生の頃、NHKの大河ドラマ?宮本武蔵役の役所広司が、姫の襟元を嗅ぐシーンで、子供心にもドキッ!としました。男の色気を感じました。今や誰にも何も感じない自分が悲しいです。(´д`|||)

    • motobosa2 より:

      アルソワの母さん

      >姫の襟元を嗅ぐシーンで、子供心にもドキッ!

      そういうの大事だと思うな。。。

  3. 2000piso より:

    長崎とセブ、2つの故郷を持つモトボサツさんがとてもうらやましいです。

  4. Hirofumi Nabeyama より:

    お疲れさまです。
    私の父の故郷が鹿児島県でした。方言が全く理解出来なくて子供心に{?}
    大阪で生まれ大阪で育った私には日本にこんな所があるんだと!目が、、、、、、でした。
    楽しく拝見しています。

    • motobosa2 より:

      Hirofumi Nabayamaさん

      私は山梨で合宿免許とったのですが、「そこ真っ直ぐイクラぁ!」って教官に言われたときは、迷いました。。。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

【追跡】昨年オープンした高級サラダバーって今どうなってる?

今回の大火事で全面営業停止状態のセブのアヤラ。 焼ける数日前に言ったSALAD STOPの状況をレポートしたい。 エスキモーの次に野菜を食べないフィリピン人。 これは我ながら言い得て妙な気がして気にい …

【欲望の街】この国に理性はない 尻振って歩く女にまんまと釘づけになる男ども

  アミーゴなき後タクシー生活を送っているが、自分で運転するのと比べて非常に楽である。 車内でスマホを使いメールチェックやLINEの返事をすることもできるし、もとより闘う必要もない。 ただ、 …

【シャウト】『狼は生きろ豚は死ね』デブの後ろに座るなの理由

  何をやるにしても所詮すべては自分次第 セクシー美人インストラクターの掛け声にあわせ、エアコンの効いた室内でファッショナブルにエクササイズ。 そんな軟派なでエレガントなインドアスポーツとう …

【フィリピンあるある?】客を冷やさない扇風機

まわり続ける店内唯一の扇風機。 スタッフを冷やし続けるための存在する。 その毅然とした態度に潔ささえ感じてしまう。 接客って何? ビサヤ語には見当たらない言葉だ。 言葉が無いという事は概念そのものが存 …

青服パンダックvsモトボサツ

SMシーサイドの影に密かにオープンしたRobinsons Galleria Cebu。 日曜日の朝ジョリ兼ねて見物に行ってみた。 ロビンソン左への赤い看板。 目の前にあるのはおなじみセブのローカルラブ …

スポンサード リンク

モトボサツ 勝手にブログセブ島編 VOL1

モトボサツ協賛サイト 英語ビギナー必見!

  • モトボサツ投稿記事抽出

現地医療保険 見積もり無料

  • 現地医療保険 ツーリストでも入れる!

PR スポンサー ドリンク

メイドをお探しの方

  • セブでメイド♡紹介記事

フィリピンってどんな国?

  • 【総まとめ】フィリピンってどんな国?10年の軌跡

セブ赤裸々ブログ

  • セブ島生活【赤裸々情報ブログ】相互リンク