カルチャーショック 未分類

【人災】フィリピンのバカ野郎 2歳の子の死

投稿日:2017年8月15日 更新日:

午前1時、ティムの妹の娘が亡くなった。

享年2歳。

死因はPnumonia(肺炎)。

子供の死。

フィリピンへ来てもう何人の子供の死と出会っただろうか。

きっと日本なら死なずに済んだであろう。

いつもそう思ってはこの国の現状に絶望し、諦める道をやるせなくたどるしかないのだ。

しかし、深く沈痛な悲しみの中にもある種の怒りがこみ上げる。

無力な幼い子供を死なせた周りの大人たちへの怒りだ。

フィリピンのドクター。

高級車にMDという偉そうなドクター様ステッカーを貼り、無駄に偉そうにふるまうだけが仕事の似非ドクターたちばかりだ。

患者をまともに診察する能力もなく、ただ機械的に抗生物質と鎮痛剤のパラセタモールを処方するだけなら俺でもできる。

私がここへ来て真っ先に覚えた英単語の一つが皮肉にもPnumonia。

それだけ肺炎はフィリピンの国民病の一つといえるだろう。

ウォーキングデッド顔負けの不衛生極まりない環境。

投棄されるゴミ、中途半端な飼い犬がしまくる糞尿、それを拡散する大量のハエ。

そして触媒の機能していない濃い目の黒煙を吐くジプニー等が荒れた路面に積もる粉塵を巻き起こす。

無駄に多い無知で傲慢な人間がもたらす自業自得な自然界以下の世界だ。

2015年では年間28000人の幼い命が消えた。

ユニセフのデータによれば北朝鮮より子供の死亡率が高い。

子だくさんの国では沢山生まれて沢山死ぬ。

それが自然の掟だと言えば収まりも良いが、自然というより人災だろう。

人間の脅威に晒す元凶は人間が作っている。

排水溝はゴミ捨て場。

常にどぶ臭が漂う。

完全に出来上がった搾取システム。

1人の富裕層を80人の貧困層が支える完成度の高いヒエラルキーシステムがこの国を根底から腐ったまま民度的発展を妨げる。

ビサヤ語で最もポピュラーな言葉。

LUOY(ロオイ)。

可哀想という意味だ。

なんと無力で無責任な言葉だろう。

可哀想と言い放つだけで何もしない。

だから私はこの言葉を使わない。

無力な子供の死は親の責任でもある。

幼い子供を亡くした親に直接言うことはできないが、2歳の子供を死なせたのは適切な処置を取れなかった親の責任。

この国で子供を守るには、最大に父親として強く賢くなければならないと思いながら生活している。

 

もし良かったらランキング応援クリックぜひお願いします!
↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

SPONSORED LINK






 

-カルチャーショック, 未分類

執筆者:


  1. プケモン より:

    おいどんの知り合いの子供もデング熱やら肺炎とかにようなっとるが
    中々死なんね、オカニ持ってる誰かが援助の手を差し伸べとるとでっしょうな。
    一族の中で金持っとるのは、大変みたいよ。旦那がケチだから借金のしまくり?

    公務員を永年務めて年金暮らしのオバピーがボヤいとったが、日本は気候も良くて好かね。
    こっちもピリピンみたいにヒートしとるが、エアコンが5台ありますけんが、ワイ・プロブレマ。
    プライドだけは崇高のごとく高いばってんがたい、親から貰った家は借金のカタになっとる。

    • motobosa2 より:

      プケモンさん

      オカニモチぶってるけど結構借金まみれなフィリピンの実態。。。

  2. volcano より:

    中華支配層の愚民化政策に根源があるんでせう。フィリピンは植民地支配権が白人から中華に直接移動した形になってます。ドテルテでさえ中華にゴマを擦らないと大統領になれない。
    戦前の日本がやったことは植民地政策ではなく同化政策。日本国内と同じく帝国大学を作り、社会資本整備した。白人の収奪、愚民化とは対照的です。
    一部支配層だけが金持ちで得をするという邪悪な思想が世界の体勢ではないかと思います。中国やかつてのソ連。アメリカも同様。グローバリズムは形を変えた植民地支配です。そしてオバマケア。免責60万円の健康保険みたいなもんですわ。60万円迄の医療費は自腹、普通の人に使えない健康保険、高い保険料。保険会社だけが得をする。そんなものを廃止しようとするトランプに支配層が大反対。トランプを引きずり降ろそうとしてます。
    オバマちゅうのは自分を白人支配層だと勘違いしてる最低のクロンボ野郎です。

    • motobosa2 より:

      volcanoさん

      >オバマちゅうのは自分を白人支配層だと勘違いしてる最低のクロンボ野郎です。

      おおおおー マオラギ

  3. H.O より:

    ご愁傷様です・・・
    2歳だと可愛い盛り・・・
    言葉が見つかりません

    ご冥福をお祈り申し上げます

    • motobosa2 より:

      HOさん

      年末にうちのカワイイちゃんと一緒に遊んでいた姿がいまも鮮烈に残っています。
      亡くなるときに苦しんだと思うと切なすぎます

  4. 枯木 より:

    低い岩山を登っていた時に、足を滑らせてほんの少しの擦り傷が出来ました。一緒にいた看護婦が、すぐ薬局へ行き消毒液を買い、消毒してくれました。「大げさだな」と思いましたが、知らぬが仏で、フィリピンでの擦り傷は、かなり危険度が高かったようです。消毒の時に、白魚の様な細い指が、私の身体に触れた時にはぞくっとする感覚がありました。

  5. オンゴイ より:

    貧乏な家庭は父親がダメですね。父親がしっかりしてる家庭はそれなりに幸福そうです。

    • motobosa2 より:

      オンゴイさん

      アホな父親が多いのがフィリピン。
      でもそのアホを作ったのはそいつのお母さんですから、因果は巡っています。。。

  6. Love vessel より:

    子供が犠牲になる社会は本当に辛すぎますね。
    日本で良かった、と今は思えますがこの先どうなる事やら。色んな分野で先進国中最低水準を這っている日本で、いつまで普通の生活ができるか。。娘の将来を考えると本当に心配です。

    フィリピンの医療機関は本当に酷いようですね。時々体調不良を訴えて下船する船員さんがいますが、日本の病院で診察を受けて❗医師がビックリしてます。数ヶ月前に健康診断受けたばかりの人(乗船してる時点で健康と診断されてる)

    • motobosa2 より:

      Love vesselさん

      沈みゆく日本。
      でもまだフィリピンに医療で逆転されることは100年無いでしょう。。。

  7. Love vessel より:

    の心臓にでかい腫瘍が見つかってこれ見逃すか?!と呆れられたり、目の違和感を訴えた人がフィリピンでレーシックを受けた事があり目の表面が無茶苦茶になってたり(診察した日本人医師曰く、見た事のない状態になってたとか。。)、とんでもない医療処置の話はしょっちゅうです。

  8. stanly より:

    2歳の子の死…..胸を締め付けられます。

    自分の事ばかりではなく、他人にこれをしたら嫌がるだろうなとか喜ぶだろうなとか迷惑を掛けないよう気を使えればフィリピンは急成長するのに、残念です。 それが出来るようになれば上下水道や交通システムなどインフラが整備されより良くなるのに。

    • motobosa2 より:

      Stanlyさん

      せめて病院は外資系を受け入れて欲しいです。
      そして日本の国保がふつうに使えると最高です。

  9. 大和魂 より:

    >子供を守るには、最大に父親として強く賢くなければならない
    私も肝に命じ生きていきたい!

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

オカニを使うフィリピン人妻、オカニを増やす中国人妻

女性向け風俗の隆盛 日本女子の変遷   今は昔、日本は男社会だった。 昭和の男に求められた「3高」という要件も女の人生男次第だというマインドの象徴だったのだろう。 しかし、日本は男と女の関係 …

東大卒のエリートが「専業主夫」を選んだ本当の理由

数年前ネット上でイクメンという奇妙な単語を目にした。 「イクメン」とは「子育てする男性(メンズ)」の略語。単純に育児中の男性というよりはむしろ「育児休暇を申請する」「育児を趣味と言ってはばからない」な …

フィリピン生活改善 LEDで部屋を明るくしよう

  私がフィリピンへ始めて上陸した時の感想。 部屋の中が超薄暗い! 日本は国別電力消費量で世界第三位の消費国。 一方フィリピンは40位。 いわゆる光の国から来た私にはフィリピンが薄暗く感じた …

初めての海外、初めてのフィリピン、初めてみる日本車

  8月はセブ語学留学のトップシーズン。 多くの学校スタッフがプラカードを持って留学生を待ち構えている。 ここ10年でみるピックアップスタッフの変遷は次の通り。 一世代目は韓国人、二世代目は …

2017年殺気立つバコロドダウンタウン初売り争奪戦(動画あり)

40年前の日本がそのまま存在するフィリピン。 遠い記憶がよみがえる。 昔、デパートのバーゲンで似たような光景を見た! 女性同士の熱きバトルに国境はない。 まるでメスライオンが獲物を貪るようにOh Ye …

スポンサード リンク

モトボサツ 勝手にブログセブ島編 VOL1

モトボサツ協賛サイト 英語ビギナー必見!

  • モトボサツ投稿記事抽出

現地医療保険 見積もり無料

  • 現地医療保険 ツーリストでも入れる!

PR スポンサー ドリンク

メイドをお探しの方

  • セブでメイド♡紹介記事

フィリピンってどんな国?

  • 【総まとめ】フィリピンってどんな国?10年の軌跡