現地でウケる日本

【セブ新名所】赤いエプロンに長靴履いた梅宮辰夫

投稿日:

噂の梅宮辰夫の銅像。

F氏からのメールに添付されていた写真でほぼ確信を得たのだが、ひょっとして他人の空似かもしれないという思いが一抹あった。

あんな顔のマフィア顔フィリピン人のオッサンなんてマニラにうようよしている。

真相を確かめるべくサイクロンを現場へと走らせた。

ASfortuna通りをJcenter側からバニラド方面へ行くとHernan Cortes通りと交差する。

そのHernan Cortes通りを右折して300mほど直進すると右側に緑色のGAS看板が出てくる。

その10mほど手前左側の洗車場入口の隅にひっそりと佇む。

あった!

素人はまず通り過ぎてしまうだろう。

銅像というよりは等身大の置物だ。

ドラえもん髭&十字架&オーテン(あそこ)。

まったくひでえ事しやがるぜ。

シケモクの咥えさせ方がなかなかいい。

なんでこんなところに梅宮辰夫が置いてあるのか?

洗車場にいた男に聞こうと思ったが顔見た瞬間止めた。

無理だ。

暇で仕方ない人はぜひ記念写真を一緒にどうぞ!

 

こちら良かったら応援クリック強めにお願いします!
↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

SPONSORED LINK






 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
モトボサツ

モトボサツ

2年のセブ島ジャングル生活を経てビサヤ語を習得。その後タガログ語も同時に習得し、最後は英語という逆ばりメソッド。現在生命保険、医療保険コンサルおよびビジネス通訳を兼ねる。元セブの大学にて3年間ストリート系日本語教師の経験あり。

-現地でウケる日本

Copyright© モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.