色気のある世界

日常チャットで大阪ジャパユキにFuck youって言われた件

投稿日:2018年7月12日 更新日:

大阪でタレントをしていたというフィリピーナからフェイスブック友達申請がきた。

フィリピンではフェイスブックは完全に出会い系サイトで、みな自分を高く評価されるために自撮りは真剣モード。

この手のフィリピーナは基本的にオカニが目的なのだが、これをアクセプトすると当然私のフェイスブックフレンドという立場になってしまう。

もしこのババエがオカニの無心をしたりすると、モトボサツさんのフェイスブックフレンドにはめられそうになったとか言い出す日本人がいる。

日本人はどうやら自己責任という概念が薄いようだ。

その日は何となく疲れていたのでアクセプトしてみた。

するとそのババエは速攻でチャットしてきた。

What do you do?と聞いてみた。すると、物を販売していると答えた。

大阪ジャパユキやるね。

初めてのチャットで仕事は何をしているのかと聞くと、テレビ見ていると答えるアホが多い。

What are you doing?との区別がつかないらしい。。。

そして、その大阪ジャパユキは私が日本に戻ったらお土産買ってこいと言い出した。

適当に東京バナナって知ってる?と聞いてみた。

Walaという短い返事。

あの有名な東京バナナを知らないらしい。

流石は大阪ジャパユキだ。

美味しいオーテン(あそこ)みたいな感じだと形状について具体的に説明したら、Fuck you 私と二度とチャットしないでとキレられた。

自分からチャットしてきたくせに。。。

日常の一幕。

参考になれば幸いです。

 

こちら良かったら応援クリック強めにお願いします!
↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

SPONSORED LINK






 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
モトボサツ

モトボサツ

2年のセブ島ジャングル生活を経てビサヤ語を習得。その後タガログ語も同時に習得し、最後は英語という逆ばりメソッド。現在生命保険、医療保険コンサルおよびビジネス通訳を兼ねる。元セブの大学にて3年間ストリート系日本語教師の経験あり。

-色気のある世界
-

Copyright© モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.