カルチャーショック

【追うな危険】iPhoneスられると2時間以内にダウンタウンのユニトップに並ぶ

投稿日:

語学学校のオリエンテーションの項目の中でどの学校も必ず安全に関するアナウンスがあるのだが、「ダウンタウンはスリが多いから気をつけてね」という注意勧告が一般的だ。

しかし、実は統計的に見るとダウンタウンよりショッピングモールの中のほうがスリ被害件数は断然多い。

もし自分がスリならどうするかを考えると分かりやすい。

どうせやるんだったら庶民的なSamsungやHuaweiとかよりも10万円位するiphoneを狙ったほうが良い。

ではiphone持っている人はどこにたくさんいるのだろうか?

危険地帯と言われるダウンタウンよりもむしろ観光客や留学生がたくさん歩いているアヤラやSMの専門店に行ったほうが確率が高い。

つい先日、SMシティのH&Mの中でiphoneをスられてしまった日本人の知り合いがいる。

リュックのサイドポケットに差し込んで気が付いたら無かったらしい。

チャックをしっかり閉じているバッグからでもスられるのに、むき出しのサイドポケットにダイレクトに差し込んでいたら自己責任120%。

直ぐにスられたのに気が付いて友達にiphoneの追跡機能で探してもらったらダウンタウンのユニトップにあることが判明。

やられて2時間以内にダウンタウンに並ぶという説はやはり鉄板のようだ。

しかし、これを追いかけてはいけない。

以前コロンビアの中部にある都市、メデシンで日本人男性が盗まれたスマホを取り戻そうと追いかけて射殺される事件が発生した。

盗まれた上に殺されるなんて惨すぎるが、これが世界の現実なのだ。。。

フィリピンも南米の一部みたいな土地柄なので、もしiphoneの追跡機能で居場所を発見しても追いかけないほうが良い。

下手すると撃たれて翌朝のまにら新聞のネタになってしまうだけだ。

さらに最近は警察へ行ってもCCTVなどで証拠が確定されないと盗難証明書を発行してくれず、結局紛失届を発行してもらうにもビサヤ語か英語でのやり取りになるので初めての人にとっては難易度が高い。

やはり、スられないのが一番!

スリに関しては自分が数年前にやられたので痛いほどわかる。

被害にあわないために私の反省5項目をぜひご覧ください。

ついに財布スられた@SM

フィリピンで財布をスられた男の大反省5項目

こちら良かったら応援クリック強めにお願いします!
↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

SPONSORED LINK






 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
モトボサツ

モトボサツ

2年のセブ島ジャングル生活を経てビサヤ語を習得。その後タガログ語も同時に習得し、最後は英語という逆ばりメソッド。現在生命保険、医療保険コンサルおよびビジネス通訳を兼ねる。元セブの大学にて3年間ストリート系日本語教師の経験あり。

-カルチャーショック
-, ,

Copyright© モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.