セブの交通事情

【セブ島大革命】モダンジプニーと呼ばれる 路線バス「BEEP」が活躍し始めた

投稿日:2019年1月9日 更新日:

2015年に起きたフィリピンあるある系の面白事件に「ハイブリッドトレインバス事件」というものがある。

セブ市が購入した列車のようなハイブリッドのバスが実は長すぎてセブ市内を走れないということが走らせてみて分かった。

この決裁をした市長が悪いわけでもなく、バスが欠陥品というわけでもなく、悪いのは道路の狭さというオチでめでたしめでたし。

いかにもフィリピンらしいほほえましい出来事だ。

セブ市の路線バス「BEEP」登場

路線バスの整備は何十年も前から出ては自然消滅してきた話なのだが、2019年1月から突然セブの市内を走るようになった。

「Beep」という名前がついているのだが、庶民はモダンジプニーとかモダンバスとかいう呼び方をしている。

マンダウエ市との境界手前でUターンする。

いままでジプニーを使っていたフィリピン人の感想はどうだろうか?

フィリピーナA子
エアコンも効いてるし、ゆっくり座れて最高!

このバスに最近乗り始めた知り合いに聞いたところ、最高過ぎてこたえられないそうだ。

現在のところセブ市内を運行する路線内での運賃は一律8ペソだ。

しかし、限られた台数でこのバスに乗れる乗客は限定的だ。

待望の路線バスが登場し、ジプニーがセブから消えてゆくと思うと一抹の寂しさを感じてしまう。

 

もしよかったらブログランキング応援ぜひ一回だけゴリっとお願いします!!
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

 

 

>

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
モトボサツ

モトボサツ

2年のセブ島ジャングル生活を経てビサヤ語を習得。その後タガログ語も同時に習得し、最後は英語という逆ばりメソッド。現在生命保険、医療保険コンサルおよびビジネス通訳を兼ねる。元セブの大学にて3年間ストリート系日本語教師の経験あり。

-セブの交通事情
-, , ,

Copyright© モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.