カルチャーショック フィリピンの罠 フィリピン人ってどんな人 行列の出来る店

【中年フィリピーナの急所】善良そうな外国人に「Ma'am」と甘えられると弱い♡溢れる母性の中年フィリピーナ

投稿日:

フィリピンのアホ過ぎる銀行システム

先日セブのアヤラモールの入口付近にあるBDOで4万ペソ引き出すためにわざわざカウンターへ並んだ。

ATMで引き出さなかった理由は二つある。

一つは小さい紙幣(500ペソ50枚と100ペソ紙幣が100枚)が欲しかったのと、二つ目はATM自体のリスク。

BDOを含めたフィリピンのATMは何かと罠が多く引き出し後にカード番号とパスワードが漏れてスキミングされる事件が後を絶たないからだ。

赤色したWithdrawal(引き出し)の用紙に必要な紙幣の種類と合計金額を記入しカウンターへ向かった。

給料日直後の2月1日、20名程度の暇なフィリピン人達が鈴なりにズラっと並んで待っている。

カウンターレディは合計4名でさばいているが、フィリピンクオリティ丸出しの前時代的スピードでアナログ的に処理をしている。

一人平均6分かかったとして30分。

まあスマホでメールチェックしたりメッセージを返したりしているうちに待ち時間が過ぎるだろうと思いスマホを取り出した途端すぐにガードマンがやってきた。

すみません。ここスマホ禁止です。
Excuse me Sir. Dili pwede ang cellphone diri.

この状況でスマホ触れないって地獄だ。

私のすぐ目の前でスマホゲームやっているおばさんはいいのだろうか?

正論の通じない国で「あの人は良くて俺はダメなのか」と揉めても良いこと一つもないので大人しく携帯をポケットの中へしまい込んだ。

地獄のような30分間を耐えた。

ようやくNext pleaseという声が聞こえいそいそとカウンターへと向かった。

30分待ったのにカウンターで拒否

Withdrawal(引き出し)の用紙とカードをカウンターへ出したら速攻で拒絶された。

BDOカウンター
あ、これATMで引き出してください
モトボサツ
4万ペソってATMで引き出せるの?細かい紙幣も必要だし。。。
BDOカウンター
10000ペソを4回繰り返せばダイジュブ♡
モトボサツ
でも30分も並んでこれってひどくない?
BDOカウンター
私のせいじゃない。でも100ペソくれたらカウンターでも手続きしますよ~
モトボサツ
何その100ペソって。。。
モトボサツ
あのさ、ATMめっちゃ並んでるし、それにきっと全部1000ペソで出てくるやん
BDOカウンター
そん時はここまでまた1000ペソ持ってきてSir♡
モトボサツ
またもう一回30分並ぶんかい!?このクソボケ~~~

フィリピーナ愛憎

キャツの言うとおり、100ペソ払って楽になろうかと一瞬思ったが、カウンターテラーの誘いに乗って100ペソに屈するのが妙に悔しかった。

それと「100ペソあればジョリビーでC1食えるばい」というもう一人の「フィリピンボサツ」が囁いたような気がしたのだ。

「Ma'am」攻撃

結局ATMで10000ペソを4回引き出して1000ペソ札を40枚手にしてカウンターに戻ったが、さっきよりもっと列が長くなっていた。

モトボサツ
うへっ!?40分コースたい。。。

悲しいかな、フィリピンで行列待ちし過ぎてしまい、列の長さでどれくらいかかるか瞬時に見積もりできるようになっている。

ふと見渡すとモジャモジャ頭のフロアマネージャらしき女性が歩いていた。

歳の頃はそうさのぉ37歳位か。

ふふふ、わりと得意分野だ。

私は善良なフォーリナーを装いその中年女性マネージャに泣きつくことにした。

いや演技じゃなくガチで泣ける自信がある。

モトボサツ
Ma'am.Pwedeng Help me?

必殺のMa'am攻撃!

1,346view
【フィリピーナは褒め殺せ】恋の呪文は「Yes Ma'am♡」自尊心を集中マッサージせよ♡

フィリピーナが韓国で幸せになったケースは少ない フィリピンの庶民のマインドは楽してオカニモチになること! そのモデルケー ...

続きを見る

母性と自己犠牲

善良そうなフォーリナーに「Ma'am」と甘えられると溢れる母性が止まらない。

右脳的国家フィリピンでは理屈ではなく感情に訴えるのが得策なのだ。

モジャモジャ頭のマネージャはすぐにさっきのカウンターレディーに両替の指示を出し、私の1000ペソ札は500ペソと100ペソに早変わりした。

タイプじゃないけど率直に素敵やん♡と思った。

こんどからモジャモジャ頭に最初から泣きつくことにしよう!

清掃員は見た

 

もしよかったらランキング応援クリック1回お願いします!!
↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

にほんブログ村

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
モトボサツ

モトボサツ

2年のセブ島ジャングル生活を経てビサヤ語を習得。その後タガログ語も同時に習得し、最後は英語という逆ばりメソッド。現在生命保険、医療保険コンサルおよびビジネス通訳を兼ねる。元セブの大学にて3年間ストリート系日本語教師の経験あり。

-カルチャーショック, フィリピンの罠, フィリピン人ってどんな人, 行列の出来る店

Copyright© モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.