メイド メイドカフェ

【セブ島メイドカフェ】萌え萌えキュン@JYスクエア

投稿日:

Moe Moe KYUN(萌え萌えキュン)

セブのメイドカフェMOEMOE KYUN(萌え萌えキュン)に行ってみた。

しかし、リアルにメイドのいるセブでの生活は萌えるどころか試練の連続だった。

過去に雇った12名のメイド達には散々泣かされてきたので、正直言ってメイドなんてまっぴら御免なのだが、カレー60ペソ!という甘い情報に釣られた感じだった。

場所はセブ市ラホッグ地区のJYスクエアの目の前。

Moe Moe KYUN(萌え萌えキュン)

メイドらしく客がやってくるとガラスドアの向こうから既に微笑みかける。

まさに日本人が求める献身的なメイドの姿だ。

ドアを開けるとフィリピンとは思えないホスピタリティ全開の笑顔が元気に出迎えてくれる。

Moe
グシュジンサマのお帰りです
Moe
おかえりなさいませグシュジンサマ(合唱)

メイドカフェとは、かまって貰いたい男達の欲求不満を解消する場所なのかもしれない。

50歳になりそう悟りかけた。

イノセント
グシュジンって何ですか?
モトボサツ
ご主人様のことたい ビサヤ語の人ってGoがGuになるとさね

フィリピンレストランのように永遠に放置されることはなく、席へつくとすぐにメイドがメニューをもって駆け寄ってくる。

謎の自己紹介

Moe
Actually,we are not a human. We are from planet moimoi kyun

実は我々は人類ではなく、萌え萌えキュン惑星からきました

 

左がハルナちゃんで右がサクラちゃん。

萌えの「モ」と言った瞬間

イノセント
モイモイって何ですか?
モトボサツ
萌え萌えのことたい ビサヤ語の人ってMoeがMoiになるとさ

メニューの紹介

Moe
オーダーが決まったら手を挙げてこんな感じで呼んでください

「オニガイニャ~ン」

 

疲れて帰ると家がピカピカ 

 

しばらくして4人のフィリピン人客がやってきた。

そんな店とは知らずに入ってきた様子だ。

天然ドッキリ場面を見物しよう。

マニュアル通りにまず自己紹介から始まった。

「萌え萌え惑星から来ました♡」と言われた瞬間に固まるゼッケン8。

その様子を2名のメイドが見守る。

 

「ホイ、変な店きちゃったな」と苦笑いをするゼッケン8。客がオッサンであってもブレない機械的マニュアル感は嫌いじゃない。

Moe
オーダーが決まったら手を挙げてこんな感じでお呼びください

「オニガイニャ~ン」

メイドの呼び方を練習させられるゼッケン8。「オーニガイ ニャン?」

初めて覚えた日本語が「オニガイ ニャン」になってしまうのか。。。

別のメイドがやってきて、円盤型のカードを渡された。

これにメッセージを書いて壁に貼り付けるらしい。

モトボサツという名前でメッセージを書いたのでぜひ探してみてもらいたい。

1,356view
【セブ島メイド対決】本物のメイドvsメイドカフェのメイド(動画あり)

セブ島のメイドカフェって? メイド喫茶またはメイドカフェと呼ばれる店が日本で登場したのは2001年らしいが今まで一度も行 ...

続きを見る

もしよかったら1回だけランキング応援クリックをオニガイニャン!

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
モトボサツ

モトボサツ

2年のセブ島ジャングル生活を経てビサヤ語を習得。その後タガログ語も同時に習得し、最後は英語という逆ばりメソッド。現在生命保険、医療保険コンサルおよびビジネス通訳を兼ねる。元セブの大学にて3年間ストリート系日本語教師の経験あり。

-メイド, メイドカフェ
-, , ,

Copyright© モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.