フィリピン旅行

【セブ島に飽きたら】カモテス島で褐色の全裸女性と遭遇!?

投稿日:

カモテス島でブログ記事を書かなかった理由

2泊3日のカモテス島の旅で全くブログが更新できなかったのは部屋にWIFIが飛んでこなかったということに尽きる。

今まではリゾートに宿泊すれば必ず部屋にこもってブログ記事を書き上げてきたのだが、今回は逆にあっさりと諦めることができた。

お陰でカワイイちゃんとビーチで遊ぶことに集中できた。

リゾートランクAのボラカイ島やボホール島に比べると2軍扱いのカモテス島。

宿泊施設の料金が安い代わりにビーチ周辺の整備もパッとしないのだ。

カモテス島最大のサンチャゴビーチは確かに広大な白砂のビーチが広がるが、野良犬の糞転がるフィリピンらしいローカル感がたっぷりだ。

スクーターで走り回ろう(1日500ペソ)免許不要

島のレンタルバイクの相場を数か所で聞いたところ全て500ペソだったのでどうやら価格協定があるようだ。

誰でも乗れるように全てスクーターがラインナップされている。

Mangodlong Paradise Resortホテル前のレンタルショップ

割と新しいスクーターが並ぶ

日本人の私がノコノコ出て行くとロクなことにならない気がしたので、レンタルバイクはティムに借りさせた。

特に免許証の提示もなく24時間後に返却という簡単なやり取りだけだったとのことだ。

カモテス島のアミーゴ

YAMAHA MIO Sporty 115cc

希望を出せば私のサイクロンと同じホンダBeatか新しい125㏄のMIOを借りることが出来たのかもしれないが、KTVで絶対に指名をしない一期一会の縁を楽しむモトボサツとしてはそれでいい。

前にカワイイちゃん、後ろにティムを乗せて115Cの旧型Mioで半日走り回った。

いきなり褐色の裸体が!?

島のガソリンは高い。レギュラー53.8ペソ/L。

渋滞も路面の穴もなく快適なライドを楽しめる。

それだけでもわざわざこの島へ来た価値がある。

知らない島をスクーターで走り回るのは、B級ビーチで中途半端に遊ぶよりも100倍楽しい。

突然褐色の裸体が!?

「知られざる裸族と秘境カモテス島」シリーズが書けそうな予感。

他にもっと裸族がいるのかと思って島中を走り回ってみた。

カモテス島にもイグレシアニクリストの教会があるが道路を渡ったところにビキニバーはない。

対照的な古いカトリック教会。

津波避難場所の看板が印象的だった。

TSUNAMI避難場所

津波が来た時の避難場所を設け看板を設置するのが良いが、肝心な津波警報は最後まで伝わらない気がしてならない。

廃墟レベルのサンチャゴ小学校。

果物にかじりついている三人娘。

フィリピン人って子供の頃はとてもカワイイのだ。

地元の6年生

知らない土地でこういった偶然の出会いがまた楽しい。

学校の向かい側にあるサリサリストアの親子。

ここで飴を買い、女の子に20ペソ札を一枚プレゼントした。

発電所

長崎の街を思い出す教会と海。

サンチャゴビーチ

サンチャゴビーチ

ロックダイブとして有名なBUHOROCK。

昔来た時には殺風景な場所だったが、今ではずいぶんと観光地に仕上がっている。

板の上から飛ぶ

板の上で固まったまま5分以上動けないフィリピーノ。

足がガタガタ震えているが、もうそこまで行ったら飛び込んだほうが楽ではないだろうか?

結局は友人に手を引いて貰って飛ぶことなく引っ込んでしまった。

島と島の境界

カルボンマーケットから来た高いマンゴ(140ペソ/KG)

カルボンマーケットから来た高い野菜

市場で遊ぶ女の子

カモテス島を格付け

勝手に格付け

  • リゾートランク   B--
  • ビーチ       B-
  • セブからのアクセス A
  • コスパ       A
  • インターネット   D
  • 自由度       A+++

まとめ

カモテス島は自然を楽しむというよりも、断然スクーターを借りて走り回って探検するのがおすすめだ。

地元の人の日々の生活に触れ、市場でのローカルチックなランチはなかなか楽しかった。

セブから1時間半の快適な船の旅。

スクーターは1日500ペソで乗り放題。

特に免許の提示を求められず、やりたい放題だが、逆に言えば死ぬのも自由。

あくまで自己責任の範囲で安全に十分気を付けて楽しんでいただきたい。

 

もしよかったら閉じる前にランキング応援クリック1回だけよろしくお願います!

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
モトボサツ

モトボサツ

2年のセブ島ジャングル生活を経てビサヤ語を習得。その後タガログ語も同時に習得し、最後は英語という逆ばりメソッド。現在生命保険、医療保険コンサルおよびビジネス通訳を兼ねる。元セブの大学にて3年間ストリート系日本語教師の経験あり。

-フィリピン旅行
-, , , ,

Copyright© モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.