フィリピン旅行

KTVとかでフィリピーナにモテる”Get Along Together”の歌い方

投稿日:2016年1月3日 更新日:

なんの因果か、日本語をフィリピンの大学で教え始め既に3年半が経過した。

教えるという事は、訂正するという事でもある。

典型的なフィリピン人日本語が気になってしまうようになった。

それを世間では職業病と呼ぶらしい・・・

ボホール観光名物、名付けて”アナコンダランボー”川下りランチ付き。

生バンド演奏が漏れなくついてくる。

英語の曲がメインだが、いきなり日本人を見ると盛んに日本の歌謡曲を入れる。

日本人観光客は1000ペソ札チップを気軽に入れてくれるのでフィリピンでは非常に人気が高い。

エレキギターを片手にボーカルも兼ねる弾き語りフィリピーノ。

歳の頃はそうさのぉ、52歳位か。

MOORE

顔も声もゲーリームーア似でニックネームはブルな感じだ。

彼はいきなり日本の曲をやり始めた。

それって私へのアピール?

90年代一発屋ソングとして名高い曲といえばこれ。

Get Along Together!

get1

船上のゲーリーブルさん、歌はそれなりに上手いのだが、発音がやっぱり気になってしまう・・・

フィリピン人が話す日本語にはある法則がある。

ウ音→オ音
オ音→ウ音

エ音→イ音
イ音→エ音
ザ音→サ音

ラリルレロが江戸っ子風巻き舌

例えば歌詞を単語別に並べると変化が分かり易い。

・僕→ブク
・同じ→ウナジ
・笑顔→エガウ
・その→素の
・忘れない→ワッソリィナイ
・信じて→煎じて
・要らない→エラ苗
・独り→ヒトゥリ
・冷たい→チュメタエ
・これ→クリ
・ずっと→ズゥオット
・側→スバ

この法則どおりフィリピン日本語を練習してGet along togetherを歌うとフィリピン人から絶賛される事間違いなし!

KTVとかでモテる!

アナタ ネホンゴ オマイネ!

是非お茶でも飲みながら下のビデオを参考にされてください!
歌詞もコピペして勝手にお使い頂いてダイジュブです。

ぶくわ きみをずーうと まもーてゆくぉぉ?

うなじ ジカーヌのなかー

うなじ みちをあるきー

おもーいで キサメ こんでー

いまぁー きみにちかーうよー

ブクをー 煎じて いてー

素のへとみをー

そらーさないでー

素のエガウを ワッソリィないでー?

良い事ばかりじゃないーけどー

ナメルわー もうエラ苗

ガーディー?栗から いつもきみわー

ヒトゥリじゃないのーだからー

チュメタエー アメヌ中

傘もーささずに

ふたり 海まで 歩いたー アヌころ

クリカラも ズゥオット スバーにいて

あいをー おくりたいからー

もう二度とぅ 離さない君のヒトゥミ

ぼくわー きみをずーうと

まもーて ゆくぉー

こ?からむ ぞぉっと スバにいてー

あいをー おくりたいからー

あいをー おくりたいからー

 

もしよかったらブログランキング応援ぜひ一回だけゴリっとお願いします!!
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
モトボサツ

モトボサツ

2年のセブ島ジャングル生活を経てビサヤ語を習得。その後タガログ語も同時に習得し、最後は英語という逆ばりメソッド。現在生命保険、医療保険コンサルおよびビジネス通訳を兼ねる。元セブの大学にて3年間ストリート系日本語教師の経験あり。

-フィリピン旅行
-,

Copyright© モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.