カルチャーショック

【国歌攻撃】ラディソンブルーで見た中華人民共和国パスポートの束

投稿日:2018年2月8日 更新日:

先日、所用でラディソンブルーに行った。

五つ星ホテルを象徴する広いロビーに身を置くと俄かに解放感が沸き起こる。

やはりセブのホテルの中では最高峰だ。

凛とした雰囲気の中、突如として波動砲並みの咆哮が響き渡った。

「来这边吧!」

中国語だ。

中国人は声量たっぷり。

たった1人で日本人10人分に匹敵する。

ラディソンブルーの広いロビーはまるでオペラハウス状態。

ふと、受け付けカウンター付近のソファーを見ると、中華人民共和国と書かれたパスポートの束がテーブルにのっていた。

ラディソンブルーに泊まっている中国人旅行客のものだろう。

これだけの中国人がラディソンのロビーで騒ぎ始めたら鶏100羽級の威力を放つはず。

2018年1月27日、中国紙・環球時報によると、成田空港で航空便の欠航によって生じたトラブルで中国人の男が警察に逮捕されたことを受け、現場にいた中国人の一部が中国国歌を歌い抗議した。 nifty newsより

到着地上海浦東空港の天候不良で欠航となったのだが、中国側の原因だ。

乗客180名中、日本人は5名。

日本人は現実を素直に受け入れ成田空港を後にしたらしいが、中国人客175名はそのまま成田空港に残り、航空会社職員ともみ合いになり、空港の警察官がこの乗客を連行すると、中国国歌を歌い抗議したという。

しかし、どちらかといえば中国側の悪天候が原因で飛べなかったので、日本人が中国に対しキレて君が代歌ったほうがしっくりする気がしないでもない。。。

何かと粗相の多いフィリピン。

ラディソンブルーでもそのうちキレた中国人が国歌を歌い始めるだろうか。

 

もし良かったらランキング応援クリック
ぜひ強めにお願いします!!
↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

SPONSORED LINK






 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

モトボサツ

2年のセブ島ジャングル生活を経てビサヤ語を習得。その後タガログ語も同時に習得し、最後は英語という逆ばりメソッド。現在生命保険、医療保険コンサルおよびビジネス通訳を兼ねる。元セブの大学にて3年間ストリート系日本語教師の経験あり。

-カルチャーショック

Copyright© モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.