カルチャーショック フィリピン人ってどんな人

【動画あり】フィリピン人の沸点は低い|セブ島「バイクvsジプニー」路上の喧嘩には刃物も出てくる

投稿日:2019年9月23日 更新日:

真昼の格闘

世界一治安とマナーが良いとされる日本では煽り運転の末に殴られた傷害事件が大きな問題となったが、セブ島ではわりと日常的な光景だ。

日本では一方的に殴られっぱなしが基本だが、セブではやられたら120%やり返すのが流儀。

そして、フィリピンでは終いには刃物を持ち出し殺し合いに発展するケースも多い。

セブのAsFortuna通り超群前のファイト

歴代人気記事:セブ島ジャングルで刃物と戦ったモトボサツ禄

 

皆が言うようにフィリピン人ってのが優しいのかどうかは知らないが、喧嘩っ早いのは本当。

昔乗っていたアミーゴ(スズキの軽バン)の横っ腹を苛立ったバイク野郎に何度か蹴られたこともあるし、バイク同士でいつも激しい車線争いの鍔ぜりあいが行われている。

譲ることは負けることという弱肉強食マインドが確実に存在する社会だ。

私が初めて見た喧嘩は2009年にセブのダウンタウンに住み始めてすぐの頃だった。

カルボンマーケットで人だかりが出来ており、見ると腹を刺された男の内臓が外へ飛び出していた。

日本の外側ではこんなことが日常行われているのかと次元の違う世界へやってきたことを直感したと同時に日本で体を鍛えて来てよかったと心の底から思った。

セブの治安が良いとか悪いとかいろいろ問われるが、一般の人がいきなり通り魔に襲われることはほぼ無いだろう。

ご安全に!

 

もしよかったらランキング応援クリック1回ハゲしくお願いします!!

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

広告主募集中

ちょい悪ボサツ
会社やお店のバナー貼りませんか?

広告のお問い合わせはこちらからどうぞ!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

モトボサツ

2年のセブ島ジャングル生活を経てビサヤ語を習得。その後タガログ語も同時に習得し、最後は英語という逆ばりメソッド。現在生命保険、医療保険コンサルおよびビジネス通訳を兼ねる。元セブの大学にて3年間ストリート系日本語教師の経験あり。

-カルチャーショック, フィリピン人ってどんな人

Copyright© モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.