フィリピンの闇

台風5号でパナマ船籍の貨物船が奄美沖で沈没|45歳フィリピン人船員1名が救助される

投稿日:2020年9月4日 更新日:

フィリピン花形職業の闇

フィリピンで最も給料の高い花形職業の一つが「船員」だ。

現地ではシーマン(海の男)と呼ばれ大変モテる。

港港に女ありといった感じで世界中の女性とやったと豪語するフィリピン人シーマンがいた。

確かにフィリピン人が憧れるトヨタの高級4駆を乗り回し、田舎ながらも一軒家を建てていた。

奥さんもセブらしくラテン系の美人。

そういう羽振りの良い男の姿を見ると子供達はシーマンに憧れるに違いない。

今回のコロナ不況でさすがの勝ち組シーマンも仕事を失いローンが払えず家を売ろうとしていたが、そろそろ仕事が復活してきたようだ。

 

2,927view
家を買ってください|コロナでローンが払えないマイホームが大量放出

もしよかったらここで1回応援クリックお願いします! にほんブログ村   家を買ってください フィリピンではこの ...

続きを見る

 

しかし、給料が高い理由はそのリスクの高さ。

 

台風5号による船舶事故

今回の台風5号の影響でニュージーランドから中国へ家畜牛5800頭運んでいた貨物船が転覆し、43名の乗組員中1名のみが日本の海上保安部に救助された。

 

 

メディアの報道によると、救出された男は、45歳のエドゥアルドサレノ、船の最高責任者として指名されました。彼は沿岸警備隊に、船のエンジンの1つが停止し、その後船が波に襲われ転覆し沈んだと語った。

残りの乗組員—フィリピン人38人、オーストラリア人2人、ニュージーランド人2人—は依然として行方不明で、悪天候により救助活動が妨げられている。

船は転覆していたので、ライフジャケットを着るようにというアナウンスがあり、そのとき彼はライフジャケットを着て海に飛び込んだ、と沿岸警備隊はサレノを言ったと語った。

 

フィリピンでの人気の職業はリスクが高い。

庶民のフィリピン人に人気の警察官もゲリラとの戦闘で命を落としたり、銃社会フィリピンでは非常に危険な職業だ。

また弁護士も頻繁に係争中の相手が放ったヒットマンにやられたりしている。

このシーマンもリスクのある仕事だが、背に腹は代えられない国の経済事情から人気は続くのだろう。

しかし、転覆したのが奄美沖で日本の海上保安部の管轄だったのが不幸中の幸いで、これがもしフィリピンの海域だと発見されていなかった気がする。

助かったフィリピン人一等航海士は本当に運がある。

他の乗組員の救助情報を待つ。

 

もしよかったらランキング応援クリックぜひ1回強めにグリっと押してください!

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

モトボサツ

2年のセブ島ジャングル生活を経てビサヤ語を習得。その後タガログ語も同時に習得し、最後は英語という逆ばりメソッド。現在生命保険、医療保険コンサルおよびビジネス通訳を兼ねる。元セブの大学にて3年間ストリート系日本語教師の経験あり。

-フィリピンの闇
-, , , ,

Copyright© モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2 , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.