未分類

廃れゆくフィリピン伝統Bless

投稿日:2016年5月9日 更新日:

昨日は母の日だった。

薔薇をもってゲーセンにたたずむお婆さんが趣深い。

歳の頃はそうさのぉ、80歳位か。
DSC_0257

家族と食事して母の日に薔薇をもらって、孫をゲーセンで遊ばせているのだろう。

このトータルコーディネートされた日常こそお婆さん冥利に尽きる。

暫くすると眉毛の太い娘が戻って来た。
DSC_0250私の周りでは母娘は比較的険悪な感じのところが多いが、たまに仲良し家族を見るとホッとする。

カワイイちゃんがお婆さんの方へ歩いて行った。

お婆さんの手をとって自分の額へ。

これはBLESSと呼ばれる技だ。

お婆さんは2歳の子供が突然近寄って来てBLESSをしたので入歯がハズレそうな勢いで感激していた。

DSC_0259

シニアが居ると必ずBlessをし、若いイケメンが居るとハ~イ💛と手を振る。

ティムがセットで調教したらしい。。。

将来が何となく心配だ。。。

このBlessは地域によってはManoとも呼ばれ、年長者の手を自分の額に当て敬意を表する伝統。

最近ではBlessの風習は廃れてきているらしい。

これもアメリカチャラチャラ文化と経済発展の副作用なのだろうか?
bless伝統的にフィリピンは年長者を敬う文化。

私が初めてフィリピンへ上陸した時村の子供達が寄ってきてBlessをしてくれた。

当時私はまだ38歳だったが、平均年齢23歳のフィリピンでは十分シニアな部類かもしれない。

 

ところで母の日だが、うちにもティムという名の母がいた。。。

朝から自分が母であることを非常に意識しているようで鈍い私でも分かるレベルだった。

彼女は私の母親じゃないが避けて通れそうもない。。。

要求を聞いてみると夕飯はいつものコリアン焼肉が良いらしい。

もちろん私の驕り。。。

夜になりいつものようにTシャツ短パンで歩いて行った。

そしていつものように2種類の焼肉とピルセンを注文した。

乾杯して飲んでいると店主が血相を変えて飛んできてグラス半分飲んだかどうかという段階でガッツリ取り上げられた。

「今日は選挙前日だからアルコール出しちゃダメでしょ(怒」

ウエイトレスは激しく怒られた。

そういえば選挙の前日はアルコール全面禁止だったのをすっかり忘れていた。

私もティムも大統領選挙にはまったく興味が無い。

かと言って外で飲むと流石にマズイだろう。

ってな感じで家で少し飲みなおしたとさ。

良かったら強めに応援クリックお願いします! にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

 

スポンサーリンク






  • この記事を書いた人
  • 最新記事
モトボサツ

モトボサツ

2年のセブ島ジャングル生活を経てビサヤ語を習得。その後タガログ語も同時に習得し、最後は英語という逆ばりメソッド。現在生命保険、医療保険コンサルおよびビジネス通訳を兼ねる。元セブの大学にて3年間ストリート系日本語教師の経験あり。

-未分類

Copyright© モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.