カルチャーショック 未分類

【限界】ジョリビーでティム吠える メニューを複雑化するともうダメじゃ~

投稿日:2018年3月14日 更新日:

フィリピンファーストフードの覇者ジョリビーはチキンとライスとコーラのセットがガチ主力商品。

たまにオレンジ色のぶよっとしたスパゲティを食べているフィリピン人を見かけるが、ほぼほぼチキンとライスにかぶりついている。

そんな中、最もマイナーと言われる商品がJolly Hotdog。

最近この商品売り上げのため、プレーンとトッピングを分けて注文のバリエーションを増やした新商品が出た。

チーズ、ベーコン、ハラペニョ、全部乗せの4択。

そうなると、フィリピン人の計算能力が障壁となる。

先日、ティムが欲深くも全部乗せを注文した。

すると、レジの請求がいきなり150ペソ。

ティムはよせばいいのに大人げなく吠えた。

ちょっと、何でこれが150なん?120でしょ!?
「Hoy Ngano ni 150?  120 ディバ!?」

私は、どうせそんな事だろうと思って遠巻きに傍観していたのだが、全部乗せの値段にそれぞれトッピング3つ分の値段を加算してしまったのだ。

ティムに噛みつかれてオロオロする赤い服着た女性スタッフ。

歳の頃はそうさのぉ21歳くらいか。

するとその辺のスタッフがワラワラと集まってきた。

フィリピン人はすぐ何かあると無駄に群がる習性がある。

かといって文殊の知恵ではなく、え~何何?みたいな野次馬根性。

レジの客達は放置プレー中。

赤い服着た子ザルどもがあーでもないこーでもないと言ってキッキと騒いでいたら、濃い制服を着たマネージャがやって来て、120ペソが正解だと高らかに宣告した。

ショックを受ける子ザルちゃん達。

しかし、そのマネージャはちゃんとティムに謝罪したので個人的にたいそう偉いと思った。

chinpan2

ただ、日本と違って「うちのサルどもがスンヤセン」みたいな謝罪スタイルはフィリピンではありえない。

とりあえず120ペソを支払い全部乗せのJolly hotdogは無事ティムの胃袋へと収まったのだった。

ちなみにジョリビーで注文時にホットドッグと言って発音をわざわざ修正されたことがある。

ホットドッグ → ハットドッグ

こちらをご覧ください

 

もし良かったらランキング応援クリック
ぜひ強めにお願いします!!
↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

SPONSORED LINK






 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
モトボサツ

モトボサツ

2年のセブ島ジャングル生活を経てビサヤ語を習得。その後タガログ語も同時に習得し、最後は英語という逆ばりメソッド。現在生命保険、医療保険コンサルおよびビジネス通訳を兼ねる。元セブの大学にて3年間ストリート系日本語教師の経験あり。

-カルチャーショック, 未分類

Copyright© モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.