フィリピンローカルフード

【殿様商売体質】199ペソでシーフード食べ放題のあの店がやばいことになっている

投稿日:

空前の閑古鳥

セブ市マボロ地区にあるシーフード食べ放題199ペソの店 NI JUAN

開店当初の猛烈さがウソのように閑古鳥が鳴いている。

以前は店の外にも待ち客がわんさか溢れていたのだが、先日覗いてみると客はたったの2名だけ。

開店当初の熱狂ぶり

2,403view
【セブ島行列の出来る店】衝撃シーフード食い放題199ペソ「NI JUAN」が凄すぎる!閉店になる前に食っとけ~

食べ放題大好きフィリピン。 日本では食べ放題のことをバイキングと呼んでいるが、フィリピンではブッフェ(buffet)また ...

続きを見る

超グレードダウン

一体全体どうなってしまったのだろうか?

恐る恐る店内に入ってみた。

驚くことに室内の気温は余裕で30度を超えており、ちょっとしたサウナのようだった。

そんな中でも平然と涼しい顔して2名のローカルフィリピーナが黙々と食べ続けていたのだが、基本的な感覚が異次元だ。

写真では分からないが、エアコンは完全に止まっており店のオブジェと化している。

お店のおばちゃんからは「いらっしゃいませ」的な声は一切聞こえず、まるで私の存在に全く気が付いていない様子だ。

表の看板にはシーフードブッフェと書いてあるのだが、小ぶりのカニとエビが入ったトレーが端っこにあるだけだ。

カニと言ってもサワガニの親戚みたいなものだ。

ティム
え~ナニコレ!?開店当初はもう少し大きかったよ

小ぶりなカニとエビを除けば庶民にとって超お馴染みのカレンデリア(屋台)と全く同じ内容だ。

  • Humba(豚の角煮)
  • Pancit canton(フィリピン焼きそば)
  • Chopsuey(中華丼の具)
  • Shanhai lumpia(春巻き)

深緑色の貝はちょっと食べるのが怖い。

胸より腹の出たローカル体系の女性客がPancit Canton(焼きそば)を取りに来た。

年のころは34歳位か。

完全に元をとった感じでフィリピンらしく炭水化物祭りだ!

売れるとサービスが低下する

フィリピンあるあるシリーズとして、人気が出て商品が売れるてくると、突然値段をドンとつり上げ、サイズも小さくなる。

フィリピンに長く住んでいる人ならば必ず思い当たる節があるのではないだろうか?

客はバカじゃない。

このシーフード食べ放題レストランはエアコンまで切って店内はサウナ状態だった。

エビまで小さくなってはリピートはしないだろう。

いつまで続くだろうか。

続報をお楽しみに!

もしよかったら閉じる前にランキング応援クリック1回だけよろしくお願います!

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

 

広告主募集中

モトボサツ
会社やお店のバナー貼りませんか?

広告のお問い合わせはこちらからどうぞ!

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
モトボサツ

モトボサツ

2年のセブ島ジャングル生活を経てビサヤ語を習得。その後タガログ語も同時に習得し、最後は英語という逆ばりメソッド。現在生命保険、医療保険コンサルおよびビジネス通訳を兼ねる。元セブの大学にて3年間ストリート系日本語教師の経験あり。

-フィリピンローカルフード
-, , , ,

Copyright© モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.