カルチャーショック

【変遷】近年セブで流行りのメガネ美女

投稿日:2018年7月13日 更新日:

フィリピンから久しぶりに日本に戻ってくると、メガネだらけな印象だ。

近視大国ニッポン。

知り合いの小金持ちフィリピン人達がこぞって日本へ旅行に行き、そして土産話にするネタが陰毛とメガネの話。

彼らが思う日本人のイメージは一概にメガネかけてガリガリに痩せてアイフォンを持っている。

もしコンタクトの人が全員メガネにしたらそれこそそれが日本人のユニフォームとなるだろう。

人生の大航海時代への入口で日本に住むフィリピン人との交流が始まったのだが、その当時フィリピン人でメガネの人は誰もいなかった。

フィリピン人はメガネがいないのか?

そして、実際フィリピンへ連れて行かれてからそれは確信となった。

やはりほとんどメガネをかけている人が居ない。。。

フィリピン人って目が悪くならないのか!?

当時、真っ先に衝撃を受けたのは照明の暗さ。

どこ行っても驚くほど薄暗い。

この環境で本を読むのは辛いな。。。

昔から親に「薄暗いところで字を読むと目が悪くなるよ」と言われていたものだが、こんな環境で生活しながらも目が悪くならないフィリピン人ってどんだけなのかと驚いた。

ちなみに、タイ、インドネシア、インドでは日本に比べ圧倒的にメガネ率が低いらしい。

色素と視力は比例するのか?

そういえば黒人でメガネってマルコムXしか思いつかない。

彼は刑務所はいる前の視力は3.0で、刑務所内の独房で本を読みすぎて視力が悪くなったと自伝に書いてあった。

もしフィリピン人も薄暗い家の中で本をたくさん読めば近視になれるかもしれない。

セブのSMシティにオープンしたメガネ店はいままで見た事がない程の盛況ぶり。

スマホの普及とともにフィリピン人も近視が増えたのだろうか?

カップルでメガネ選びもアクティビティーの一つだ。

家族でメガネ選び。支払いはきっと母親?

鏡よ、世界で一番美しいのは誰?

ふふふ、心の声が手に取るようにわかるようだ。

大半はインスタ映えするための伊達メガネだろう。

しかし、本当に近視の人のために検査室も完備。

中からいきなりこんなので出てきたら怖いぞ!

待合のソファーは自宅以上にダラダラするのがフィリピンスタイル。

いちいち寝るなよ。。。

別に疲れているわけではないのは確かだ。

10年前と比べてフィリピン人の流行りも随分変わった。

昔のイメージは基本的にピタッとしたスキニージーンズに腰まである黒髪でメガネ率は低い。

しかし、今はスカートや短パンに茶髪とメガネが増えた。

さて、今度の休みに彼女に伊達メガネをプレゼントしてみてはいかが?

 

こちら良かったら応援クリック強めにお願いします!
↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

SPONSORED LINK






 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
モトボサツ

モトボサツ

2年のセブ島ジャングル生活を経てビサヤ語を習得。その後タガログ語も同時に習得し、最後は英語という逆ばりメソッド。現在生命保険、医療保険コンサルおよびビジネス通訳を兼ねる。元セブの大学にて3年間ストリート系日本語教師の経験あり。

-カルチャーショック
-

Copyright© モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.