フィリピン人嫁の実態 モトボサツ物語

【翻訳ダウンロードあり】フィリピンでの国際結婚手続きが終了|P嫁の出生証明、結婚証明の翻訳サンプルあり

投稿日:2021年1月4日 更新日:

モトボサツです この記事を読んで1㎜でも幸せになって頂けたら幸いです よかったらボサツの応援クリック1回お願いします

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

 

O師匠
モトボサツという名の由来はこちらです

 

2013年~2016年 モトボサツ勝手にブログセブ島編 カテゴリー別

1,690view
【シーズン1】モトボサツ勝手にブログセブ島編|カテゴリー別記事

モトボサツです この記事を読んで1㎜でも幸せになって頂けたら幸いです よかったらボサツの応援クリック1回お願いします に ...

続きを見る

 

フィリピンでの国際結婚の作業終了!

 

本日ようやくフィリピンでの国際結婚の大詰め儀式であるセブの日本領事館への届けを無事に終了した!

やはり分かりきっていた事だが、フィリピンという国は役所関係の手続きが非常に混沌としてやり辛い。

「本当にこれでダイジュブ(大丈夫)なのか!?」と常に不安が付きまとう状況を乗り越えようやくゴールできた達成感が半端ない。

フィリピン共和国へ結婚した事実を登録し、そして日本国へ登録するという流れだったが、日本領事館へ提出する書類の中には日本語の翻訳を別添しなければならない作業がある。

フィリピン妻側の証明書はまるで古墳から出土した古い書簡のように不鮮明でそれを6なのか8なのか解読する労力が付きまとう。

やたらとホッチキスでガチガチ止められており、そのせいで肝心な文字が破壊されてしまっているケースもある。

また変なところにデカデカとした偉そうなスタンプが無遠慮に押してあるのでその下に隠れている文字が見えない。

これまで友人知人の結婚書類の翻訳を請け負ってきたので随分と解読作業は慣れていたのだが、フィリピン関連の翻訳作業がストレスフルなのはそういう事情があるのだ。

うちの場合幸いティムの事務処理能力が高く、必要書類を淡々と完備し、役所への手続きもかなりスムーズだったので日本人夫側の負担はかなり少なかったように思う。

これが英文もあまり読めず、事務手続きが苦手なフィリピン嫁だったら一体どうなってたのだろうか?

苦労話をコメント欄にて募集中!

 

結婚関係書類テンプレート

書式は市町村やタイミングにより改訂されることがありますので内容を照らし合わせながらご利用ください。

 

フィリピン人の出生証明 サンプル(Word)

フィリピンハーフの子供の認知、結婚届の際に使用。

※フィリピン嫁の親が出生届の期限を過ぎて提出してしまったケースの書類の翻訳が後半にあるので該当しない場合は要削除。

 

 

結婚証明書サンプル(Exel)

 

 

もしよかったらランキング応援クリックぜひ1回強めにグリっと押してください!

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

広告バナー募集中 問い合わせはこちらからどうぞ

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

モトボサツ

2年のセブ島ジャングル生活を経てビサヤ語を習得。その後タガログ語も同時に習得し、最後は英語という逆ばりメソッド。現在生命保険、医療保険コンサルおよびビジネス通訳を兼ねる。元セブの大学にて3年間ストリート系日本語教師の経験あり。

-フィリピン人嫁の実態, モトボサツ物語

Copyright© モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2 , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.