未分類

便所飯するけど一蘭では一人。。。その訳は?

投稿日:2016年1月26日 更新日:

スポンサーリンク


 

 

「みんなで食べると食事が美味しい」というのは今の日本では嘘であるようだ。

先日何気ない会話から出た質問が思わぬ展開となった。

「セブって炉端焼きとかあるんですか?」

「いや~まだまだおひとり様にはほど遠い国だから無いですよ」

「あ、そういえば今日本ってトイレで食事する人が居るって知ってます?」

 

えええええ!?

 

それらしいキーワードを入れて検索すると沢山出て来てしまった!

toiletmeal

もう私の知っている日本とは違う。

トイレで食事をするなんて罰ゲーム以外のなにものでもない。

その理由をみてみると、独りで食事をするところを見られたく無いらしい。

だから便所に隠れて飯を食う。

一緒に飯食う友達が居ない事が問題ではなく、その事を過剰に恥ずかしく思う事が問題だろう。

まさにCOLLECTIVISMの権化ニッポン。

しかしその一方プライバシーの確保に余念がない。

ここはトイレでラーメン食わなくて良いのだろうか?
無題大阪へ行った知り合いのフィリピーナが一蘭のスタイルに驚愕していた。

ラーメン屋入ったら懺悔室だった。。。
▶よかったらこちらをご覧ください

一方フィリピンはライブバンド付きの大人数収容レストランに大勢の人が群がる。

もちろんうるさくて会話なんか出来たもんじゃない。

あれを見ているとなんだか昔流行った屋上ビアガーデンの雰囲気と重なる。

大学の学食もプライバシー確保しているところが増えたとか。。。
BOCHIネットで調べてみると”ぼっち飯”と呼ばれる現象らしい。

この不可解な現象をモトボサツ的によむとこうなる。

独りだと恥ずかしいくせに一人になりたい変な国。

そんな感じでいかがでしょうか?

もし良かったらグリッとクリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

モトボサツ

2年のセブ島ジャングル生活を経てビサヤ語を習得。その後タガログ語も同時に習得し、最後は英語という逆ばりメソッド。現在生命保険、医療保険コンサルおよびビジネス通訳を兼ねる。元セブの大学にて3年間ストリート系日本語教師の経験あり。

-未分類

Copyright© モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.