未分類

ストリートチルドレンに依頼してみた

投稿日:2016年6月13日 更新日:

先日某セブ市内の居酒屋で仕事関係のミーティングをした時の事。

会計を済ませアミーゴの方を見ると前に偉そうな高級四駆が鎮座していた。

当然ドライバーは居ない。。。

DSC_0301

日本だとかなり非常識なシーンだが、フィリピンだと軽い日常のワンシーンだ。

他人の事など気にしていてたらこの国では逆に変な人扱いされてしまう。

ちなみに実は同じ場所で同じ目に何度もあっている(ははは

修行生活満喫中!!

その日はもう1件別のミーティングがアヤラであったのでかなり焦った。

ストリートボーイズが2名忍び寄って来た。

お兄さんオカニ頂戴
TAGAI KO KWARTA KUYA.
タガイ コ クワルタ クヤ

 

分かった!この小汚くてデカい車のオーナー連れてきたら20ペソの褒美をとらそう!
Oo, SIGE, TAWAGA SA NINYO ANG TAG-IYA ANING BATI UG DAKO NA SAKYANAN!
HATAGAN TA MO UG BAINTE.
オオ セゲ, タワガ サ ニニョ アン タギヤ アニン バテ オグ ダコ ナ サキャナン!
ハタガン タモ オグ バインテ

 

二人は一目散に走って行った。

1分経過した頃女性ドライバーを連れて来た。

歳の頃は38歳位か?

昔は結構な美人だったと思われる如何にもといったマダム風。

「俺はアンタを10分も待ったよ」

当然謝罪なんて無い。

ストリートボーイズに小遣い渡している私に軽蔑したような視線をくれただけ。

DSC_0303

賞金を手に入れハッピーボーイズ。

しかし、この国はホント上から下まで全部アレだな。。。

土手琉手さん何とかしてちょ('_')

 

今日も良かったら応援クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ

 

スポンサーリンク


  • この記事を書いた人
  • 最新記事
モトボサツ

モトボサツ

2年のセブ島ジャングル生活を経てビサヤ語を習得。その後タガログ語も同時に習得し、最後は英語という逆ばりメソッド。現在生命保険、医療保険コンサルおよびビジネス通訳を兼ねる。元セブの大学にて3年間ストリート系日本語教師の経験あり。

-未分類

Copyright© モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.