未分類

初の早朝ズンバ参加 赤裸々レポート

投稿日:2016年10月8日 更新日:

sunlife04

風邪で咳も出る中、今朝は久々の4時起きだった。

なぜ4時起きかというとサンライフの早朝イベントの準備のため現地に5時に到着しなければならなかった。

ティムが催し物の担当になった自動的に私もセットメニュー。。。

4時起きだと必然的にジョギングは休み。

それでも昔だったら3時とかに起きて無理やり消化していた気がする。

歳を重ねると己の掟もユルユルになってしまうようだ。

場所はパーティー会場としておなじみのグランドコンベンション。

4時50分に現場へ到着。

 

【イベントの流れ】
6時半~ZUMBA
7時半~朝食
8時半~ドクターによるヘルスプレゼン
9時半~商品紹介

フィリピンではかなりコモンスタイル。

見込客をブッフェ等でもてなし、最後は商品説明をする。

最初に早朝ZUMBAを入れるのはフィリピン人気質にバッチリはまるだろう。

 

受付テーブルの準備。

関係性はよくわからないが、一生懸命やる人と椅子に座って携帯弄っている人に分かれる。
sunlife02

sunlife03

文化の違い。

【INDIVIDUALISM VS COLLECTIVISM】

フィリピン社会個人的に責められることがほぼ無い。

もし教育的指導を受けたところで得意の言い訳を饒舌に連射れば良いのだ。

日本社会だと100%こうだろう。

「オイお前ら!皆働いているのに何サボっているんだ!?」

この”皆”働いているという点が文化フリクションを起きるポイントだろう。

 

そのうち受付も終わり、ZUMBAタイムが始まった。

100名強の体脂肪の塊が一気に気化熱を放出。

私はその灼熱地獄の中で大量の汗をかいてしまった。

sunlife05 sunlife06

実はZUMBAの都フィリピンに住みながら初参加。

何も考えずに踊る阿呆を決め込むだけだ。

肥えた熟女の尻を目の前に控え1時間ほどのエクササシズもいとおかし。

ふと、ひと昔前に流行ったビリーズブートジャンプを思い出した。

そういや知り合いの子豚系フィリピーナが1か月早朝ズンバに通い別人のように痩せた。

ランニングのように孤独な己との闘いじゃないし、続けやすいだろう。

 

さて、朝食の時間。

一応サラダがあるのだが、15人中14人は素通り。。。sunlife07

「こんなもんヤギのエサよね(笑」 ←たぶん

sunlife08

目指すはライスとオイリーフード!

sunlife09

 

チノイ主催のブッフェには中華粥がお約束。

個人的に朝から粥は大好きなのでありがたく頂いた。
sunlife10

sunlife13

 

満腹中枢が納得した頃、わざわざマカティーメディカルからやってきた濃い顔のドクターが壇上へ立った。

sunlife14

なぜかプロジェクターの光が乱反射し見ずらい。

表題はフィリピンお約束のアレ。

・DIABETES AND CANCER(糖尿と癌)

この国の代名詞みたいになっている糖尿病。

食生活を改善するだけ。

しかし、食文化レベルまで刷り込まれたライスと肉と砂糖水の刺激はドクターが事務的に流したところでサル馬の耳に念仏だろう。

誰も真摯に受け止める者は無し。

Tipical Filipino Breakfastをさっき食ったばかりの人達を前にダメ言っても。。。

sunlife11

太った子供は富の証。

パスタ等の食べ物のコマーシャルには必須の存在。sunlife15

急に太った子供を出しにライスお代わりするなって言われても肚の底に落ちない。sunlife12

 

それから癌の話へ移った。

フィリピンで最も不安なものは医療。

先日デング熱で10日入院しひどい目に会った時も医療的不信感に苛まれながら苦しんだ。

スライドを観ながら虚しさがこみ上げる。

まずフィリピンで的確に癌を発見できる可能性は薄い。

いや癌じゃないのに癌だと言って切り刻まれる可能性もある。

わざわざマニラから来たドクターの話を聞きながら、やはり年に1回は日本で信頼のおける健康診断を受けるサイクルを作らないといけないと思った次第。

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

SPONSORED LINK






 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
モトボサツ

モトボサツ

2年のセブ島ジャングル生活を経てビサヤ語を習得。その後タガログ語も同時に習得し、最後は英語という逆ばりメソッド。現在生命保険、医療保険コンサルおよびビジネス通訳を兼ねる。元セブの大学にて3年間ストリート系日本語教師の経験あり。

-未分類
-, , , , ,

Copyright© モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.