モトボサツ的

【最強】違いの分かる奴はここへ行け フレンチベーカー

投稿日:2017年10月31日 更新日:

セブのショッピングモールにはゆっくり休憩できる場所がない。

ローカルフィリピン人御用達のフードコートという手もあるのだが、半端ない雑踏感にアドレナリンが充満し、益々疲労感が止まらない。

だから無駄に高いスタバとかBO'Sコーヒーで苦いお湯を濁さなければなならん。

しかし、その高い場所もなぜかいつも満員で、フードコートに比べると少し上品なので音量は控えめなのだが、やはりバカ笑いするタンボックなフィリピーナが近くに座ると完全アウト!

最近個人的に定番化している場所がある。

それはザ、フレンチベーカー。

コーヒーと言えば絶対パンだ。

ライスでコーヒーがやれるのはフィリピン人だけだと思う。

フレンチベーカーはカフェというよりパン屋を兼ねた軽食レストランとしてのイメージが強い。

店で好きなパンを買って喫茶部でコーヒーと一緒にやるのが楽しい。

しかし、ここのパンって結構高い。。。

基本的に1つ50ペソを超え、調理パン系だと80ペソ付近。

その辺の通り沿いのパンが1つ5~10ペソなので衝撃的なギャップだ。

たかがパンに50ペソ以上使うという感覚が薄いフィリピン。

そこが狙いだ!

ここに集まるのは、若黒く山間部から来たようなローカル感満点のフィピーナを連れたアメリカン爺さんとちょっと余裕のあるシニア組となる。

まるで隠居部屋のように茶系を基調とする落ち着き過ぎた雰囲気。

そして店内はまるで午後3時のデイサービスのお茶の時間を彷彿させるほどゆるゆるな空気が流れる。

そこで往年のオールディーズが流れるともう完璧だろう。

さて、各論に入るが、ここのコーヒーにはおまけがついてくる。

小さなブラウニーだ。

これがまたコーヒーのお友にはぴったりな感じ。

「俺もここが似合う歳になって来たな。。。」

そう思いながらひと口頬張ってみたりする。

SMあるところにフレンチベーカーあり。

実はセブのみならずフィリピン中のSMの中に50を超える店舗があるのだ。

たとえばセブだとSMシティー内に2店舗。
(うち一つはスーパーマーケット内)

SMシーサイド内にも1店舗。

フレンチベーカーの良さが分かるには、人生経験が必要だ。

スタバがちょっと落ち着かない斜陽ぎみの方、ぜひ午後のひと時にフレンチベーカーはいかが?

こちら良かったら応援クリック強めにお願いします!
↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

SPONSORED LINK






 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
モトボサツ

モトボサツ

2年のセブ島ジャングル生活を経てビサヤ語を習得。その後タガログ語も同時に習得し、最後は英語という逆ばりメソッド。現在生命保険、医療保険コンサルおよびビジネス通訳を兼ねる。元セブの大学にて3年間ストリート系日本語教師の経験あり。

-モトボサツ的

Copyright© モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.