カルチャーショック

【あーフィリピン】放し飼い犬をマンダウエ市役所がようやく捕獲しにきた。。。しかし犬違いが凄すぎる

投稿日:2018年2月15日 更新日:

日本ではすっかり居なくなったが、フィリピンでは普通に野良犬がたくさん歩いている。

アスカルとか呼ばれ、フィリピンのサッカーチームの名前にもなっている程のフィリピンシンボル。

しかし、本当の野良犬は栄養失調で人を襲う体力は残っていない。

危ないのは、中途半端に放し飼いされているやつだ。

つまり、犬害はずばり人災であるといえよう。

奴らは定期的に餌を得、かなり調子に乗っている。

昨年、私の住むB級ビレッジの中で向かいの家の数匹から襲われ窮地に陥った。

放し飼いだ。

5匹くらいの犬がまるで映画のクジョーさながらの勢いで牙を剥いて私とティムを取り囲んだ。

【窮地】クジョー5匹 もう逃げられない 奴等がそこにいる!!

幸いやられなかったが、致パタイ(人間の最後に訪れる儀式)率100といわれる狂犬病の恐怖が頭をよぎった。

すっかり犬トラウマになると同時に中途半端に飼っているやつに対し怒りがこみ上げる。

手を尽くして問題解決に臨んだが、一向に改善されず、絶望と諦めモードに突入していた。

そして、ついにxデーが来た。

系トラ3台のケージに捕えらた犬。

へぇ、犬って網で捕るんだ。。。

てっきり蛇とか捕まえる輪のある棒でやるのかと思っていた。

しかし、こんなの居たっけ?

なんか見たことない犬ばかりだ。。。

私を襲ったハゲ家の犬はどこにいるのだろうか?

 

絶望の15ステップ

上流からおさらいしてみよう。

1 朝っぱらから犬数匹に襲われる
2 犬の家のヘルパーに苦情
3 放置
4 家主(若ハゲ君)に直接苦情
5 放置
6 大家(隣に住む)に相談
7 放置
8 マンダウエ市役所へ相談
9 バランガイ(町内会)へ行けと言われた
10 手続きするも効果なし
11 絶望
12 大家に引っ越しを告げる
13 大家がマンダウエ市にて犬駆除手続き
14 全然来ない
15 2か月後、ようやく犬班がやってきて捕獲

フィリピンでつべこべ言っても始まらないが、上記15行程の中にフィリピンらしさが溢れている。

4に出てくる犬の家主。

年の頃はそうさのぉ40歳前後でハゲている。

サンミゲル黄色い泡の出る液体の工場の中で従業員向けの食堂ビジネスをしており、たいそう羽振りが良い。

成金特有の傍若無人ぶりで変な人丸出し。

近所でもすこぶる評判がわるい。

犬よりハゲをとっ捕まえてほしいと皆思っている。

クレイジーハゲのせいで全然関係ない犬まで捕獲され、犬的にはホントいい迷惑だ。

今朝。。。

ステップ15の部分で捕獲とあるが、実はクレイジーハゲの家の犬はやっぱり捕獲されていなかった。

今朝もガルルと私の顔を見るなりさっそく威嚇。。。

どうせクレイジーハゲは新たなアスカルを補充するだろう。

まだまだ戦いは続く。
こちら良かったら応援クリック強めにお願いします!
↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

SPONSORED LINK






 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
モトボサツ

モトボサツ

2年のセブ島ジャングル生活を経てビサヤ語を習得。その後タガログ語も同時に習得し、最後は英語という逆ばりメソッド。現在生命保険、医療保険コンサルおよびビジネス通訳を兼ねる。元セブの大学にて3年間ストリート系日本語教師の経験あり。

-カルチャーショック

Copyright© モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.