メイド

ヤヤまた失踪。。。フィリピン人ってもう一体なんなの?

投稿日:2018年6月21日 更新日:

バコロドから来た19歳のヤヤ。

今朝忽然と消えていた。

厳しくすると直ぐ辞めるのは分かっていたので、プレッシャーを与えないようにカワイイちゃんの面倒だけ少しずつさせていた。

外食する時も一緒に連れてよくある家畜状態は避けていたのだが、朝あっても挨拶はしないし、何かあげても「Salamat」と一度も言ったことがない。

マクドに繋がれていた犬以下だ。

セブからヤヤを雇うと直ぐ辞めたり盗みを働くのでほかの島から連れてくるといいうのがセオリーだが、12人目に黙って失踪され分かった。

フィリピン人どこから連れて来ても一緒やね。

それと、もう一つ確信を得たのは、やたらと教会に行きたがるフィリピン人は要注意だ。

ドライバーとメイド付きの夢の生活?

実態はこんなものだ。

ちなみに財布から4000ペソ抜かれていた。

これは完全に私のミスだ。

恥ずかし過ぎてここに書くのを少しためらった。

先週の土曜日、財布入りの緑の巾着を机の上に放置してしまっていた。

ぜんぜん懲りていない自分に嫌気がさす。

フィリピン人。

楽しく遊ぶには最高だが、利害が絡むと難易度がぐんと高くなる。

ヤヤも12人目が失踪。

優しくすればナメあがるし、厳しくすれば何も言わずに消える。

うーん、またまた愚痴ってしまうが、煮ても焼いても食えないフィリピン人ってか?

だから「うちのヤヤよく働くよ」という人がいたら、それは非常に有難いことなのだ。

もしよかったらブログランキング応援ぜひ一回だけゴリっとお願いします!!
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
モトボサツ

モトボサツ

2年のセブ島ジャングル生活を経てビサヤ語を習得。その後タガログ語も同時に習得し、最後は英語という逆ばりメソッド。現在生命保険、医療保険コンサルおよびビジネス通訳を兼ねる。元セブの大学にて3年間ストリート系日本語教師の経験あり。

-メイド

Copyright© モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.