モトボサツ的

【裏技】ダンキンドーナツで無理やり

投稿日:2018年7月27日 更新日:

セブのアヤラモールの中でおそらくもっとも場末なスポットが4階のダンキンドーナツ。

75ペソのコーヒー&ドーナツセットがいつものやつだ。

その日はなぜか無性にマフィンが食べたい気分だった。

やる気のないスタッフがかったるそうに一瞬目を合わせた。

私はマフィンを指さして75ペソのコーヒーセットと申し出た。

「それはダメ」

薄々そうだろうと思っていたがダメだとはっきり言われてしもうた。

しかし、ダメ出しするのは良いが、どれなら75ペソに適合するのか教えてくれるほどフィリピンは甘くない。

もう一人ボスキャラが奥にいた。

私はそっちに向かってひときわ大きな声で言ってやった。

「マアム、この前は75ペソセットにマフィンダイジュブだったでしょ?」

この前はOKだったという適当な前提をかぶせてみるのがルールが曖昧なフィリピンでは非常に効果的だ。

「Sige lang」まあいいよ

ボスの一声でまんまと特別サービスをゲットした。

私の好きなセブの場末シリーズ ダンキンドーナツ編

時の流れにさえ忘れられた空間。

ローカル新聞を広げているシニア客。

田園都市線のドトールのように退職者が社会参加している場所ではない。

この場所へ身を置くと、知らない街へ一人旅に出た気分になる。

チープな苦いだけのコーヒーを口にふくむと、記憶の底に沈殿した遠い昔の景色がふいに浮かんでくる。

そこで思い出される風景は思い出になる予定ではなかったありふれた光景ばかり。

セブ生活が旅なら、今日も明日も、小さな旅だ。

旅のお供に「ウサカ マフィン」。

 
こちら良かったら応援クリック強めにお願いします!
↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

SPONSORED LINK






 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

モトボサツ

2年のセブ島ジャングル生活を経てビサヤ語を習得。その後タガログ語も同時に習得し、最後は英語という逆ばりメソッド。現在生命保険、医療保険コンサルおよびビジネス通訳を兼ねる。元セブの大学にて3年間ストリート系日本語教師の経験あり。

-モトボサツ的

Copyright© モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.