モトボサツ的

【中毒性あり】人をダメにするアプリ「honestbee」インストール&オーダーガイド

投稿日:2018年8月17日 更新日:

人をダメにするアプリといえば「honestbee」。

別名ひきこもり製造アプリとも呼ばれる恐ろしい存在だ。

セブ修行生活のメインである渋滞にやられることもなく、家の中でテレビでも見てゴロゴロブクブクしているうちに食材や食べ物がポンと配達されるのだ。

食材&生活用品とフードデリバリーはここにおまかせ!?

うちのティムはここんとこhonestbeeにドップリはまり、ひきこもり生活を満喫し始めた。

先日、ここのメニューを眺めていたらZark'sBurgersが輝いてみえた。

とても体によさそうな大きなハンバーガーを注文してみた。

平日の夕方の5時15分にオーダーをサブミットしてわずか35分で我が家へ到着。

おいおい、店内で食べるのと所要時間があまり変わらん気がするぞ。

準備

1 アプリをインストールする

キーワードはhonestbee

2 現在地を地図上で確認し、調整後確定

3 SIGN UP ボタンから個人情報をインプット

Facebookとの情報連結も可能なようだが、私はSING UPでいちいち個人情報を一からインプットしてみた。

 

オーダー方法

1 Groceries(食材&日用品)   Foodから選択

Foodをクリックするとカテゴリー別に分かれているので、興味のあるものを選択してみる。

なんちゃって日本食レストランもあるのは個人的に萌え萌え。

 

調理の必要のないドーナツとかまさにhonestbeeに打ってつけだろう。

一応飲み物もあるが、これって大丈夫だろうか?

ドリンクはまだ未経験。。。

 

2 card支払いかcash on Delivery(着払い)を選ぶ

 

最終オーダー決定の前に、総額が提示される。

Delivery feeがなんと49ペソ!?

タクシー使うより安いが、こんなに安くていいのか?

ふふふ、それは全然心配ない。

なぜなら既にメニューの金額はすでにhonestbeeの利益がたっぷり入った状態になっているのだ。

発注したあとは、ライダーと商品がいまどこにいてあと何分かかるのかリアルタイムでアップデートされる。

これまで3回注文したが、いずれも1時間以内で到着した。

セブで生活したことのある人だとこれがどれだけ凄いことなのかわかるだろう。

支払方法をCash on deliveryにすればリスクもなく、とにかく一度試してみると病みつきになること受け合い。

ぜひこれを使いこなしてダメ人間道へ入門してほしい。

こちら良かったら応援クリック強めにお願いします!
↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

SPONSORED LINK






 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
モトボサツ

モトボサツ

2年のセブ島ジャングル生活を経てビサヤ語を習得。その後タガログ語も同時に習得し、最後は英語という逆ばりメソッド。現在生命保険、医療保険コンサルおよびビジネス通訳を兼ねる。元セブの大学にて3年間ストリート系日本語教師の経験あり。

-モトボサツ的

Copyright© モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.