現地でウケる日本

セブの飲食店では必ず会計時にレシートと自分が食べた内容を照合すべし!!

投稿日:

最後の砦「呑気のどんぶり」

インフレが吹き荒れるフィリピンの物価は何でもどんどん上昇中。

ほんの数年前まではセブで人気の和食レストラン呑気の各種ランチ弁当が250ペソで食べられたのだが今では300ペソ前後。

しかし、メニューを注意深くめくっていると天丼をはじめとする丼ぶりシリーズはなぜかインフレに忘れられたように240~250ペソにとどまっている。

このチョイスは男として有りなのか?

ティムのチョイス 天丼 240ペソ

カワイイちゃん 親子丼 250ペソ

モトボサツ 生姜焼丼 240ペソ

この生姜焼丼の色を見ると分かりやすいが、非常に醤油とみりんの効いた九州の味だ。

そして、240ペソのわりにボリュームがある。

想定外の満足度にこの記事を書かずにいられなかったのだ。

店舗で味が変わるの?

呑気SMシティセブ店で食べたあの味はきっとお袋の味だ。

生姜焼丼がずっと脳裏から離れない。

今度はいつ行っても客のいない呑気バナワ店を攻めてみることにした。

しかし!!

バナワ店の生姜焼丼 240ペソ

【PR】フィリピンの滞在ホテルを探す

ボリュームは寂しく、さらに色が全く醤油味をしていない。

まったく熟した感のない仕上がりにガッカリしてしまった。。。

モトボサツ
フィリピンは同じレストランでも店によって随分と差があるとです

さて、お会計をする際だが、240ペソではない。

SVCチャージ(サービス料)24ペソが追加される。

合計で264ペソとなる。

しかし、請求は319ペソ。

ひょっしてメニューの値段からさらに値上がりしてしまったのだろうか?

ふと見るとButashogayaki Bento 290ペソとなっているではないか!?

レシート

危うく55ペソ余計に支払うところだった。

会計の時には必ずレシートの内容が自分が食べた内容と合っているか称号すべし!

ただスタッフの愛想はバナワ店のほうが若干良い気がした。

しかし、あの濃い味の生姜焼丼が恋しい。。。

 

 

もしよかったら閉じる前にランキング応援クリック1回だけよろしくお願います!

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

 

広告主募集中

モトボサツ
会社やお店のバナー貼りませんか?

広告のお問い合わせはこちらからどうぞ!

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
モトボサツ

モトボサツ

2年のセブ島ジャングル生活を経てビサヤ語を習得。その後タガログ語も同時に習得し、最後は英語という逆ばりメソッド。現在生命保険、医療保険コンサルおよびビジネス通訳を兼ねる。元セブの大学にて3年間ストリート系日本語教師の経験あり。

-現地でウケる日本

Copyright© モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.