カルチャーショック

【ない物ねだり】子供にカタカナの名前を付けたがる日本人の親と日本らしい名前をつけたがるハーフの親

投稿日:2019年6月24日 更新日:

国際結婚してハーフとして生まれた子供の名前だが、周りを見ると意外とコテコテの日本らしい名前をつけている。

たとえば女の子だったら桜ちゃんとか、男の子だったら丈太郎君とかハーフなのに古風で硬派な日本人名だ。

ちなみに、うちのカワイイちゃんが生まれた時に日本人として育てようという気が全くなかったので、ティムに全てお任せしてしまった。

すると「エンジェル」という名前になってしまった。

カワイイちゃんの本名を聞かれて「エンジェル」と答えると、在比のプロ日本人たちからは「なんで日本的な名前を付けなかったの?」とかるく非難されるのだが、日本に住む一般の日本人からは決まってこういう答えが返ってくる。

イノセント
わぁ、エンジェルなんて超素敵!!
モトボサツ
でもね、フィリピンってエンジェルだらけとです

フィリピンでエンジェルという名前は日本だと昭和生まれの「洋子」とか「和子」みたいにクラスに必ず5人は居るありふれ過ぎた名前なのだ。

だから、子供の遊び場とかで「エンジェルぅぅ~」って呼ぶと必ず何人か一斉にこっちを振り返るのだ。

それもあって私はエンジェルの事を「カワイイちゃん」と呼んでいる。

もし、カワイイちゃんを日本の学校へ入れるとなると、「エンジェル」なんて変な名前のせいでイジメられたりするのではないかと心配だ。

しかし、最近ではコテコテの日本人なのに明治時代に絶滅したと思われるカタカナの名前が増えている。

ちなみに父方の祖母は明治生まれで「フサ」だった。

カタカナの名前といえば先祖返り現象かと流石に二文字のカタカナではない。

ソフィア、ジェシカ、ショコラなどまるでマルチーズとかポメラニアンにつけるような名前なのだ。

しかし、カタカナの名前は一瞬ハーフの美少女を彷彿させてしまうが、実物は名前とは対照的に純和風のコケシ顔だったりする。

生粋の日本人なのにカタカナの名前にしたがる親と子供はハーフなのにコテコテの和風名を付けたがる親。

人間なんてどこまでいっても無い物ねだり。

もし「カワイイちゃん」が本名だったら日本で激しくイジメられるかな。。。

 

 

もしよかったら閉じる前にランキング応援クリック1回だけよろしくお願います!

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

 

広告主募集中

モトボサツ
会社やお店のバナー貼りませんか?

広告のお問い合わせはこちらからどうぞ!

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
モトボサツ

モトボサツ

2年のセブ島ジャングル生活を経てビサヤ語を習得。その後タガログ語も同時に習得し、最後は英語という逆ばりメソッド。現在生命保険、医療保険コンサルおよびビジネス通訳を兼ねる。元セブの大学にて3年間ストリート系日本語教師の経験あり。

-カルチャーショック
-,

Copyright© モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.