カルチャーショック

【ザフィリピン】結膜炎になったら母乳の郷へ行け!?アイボンに母乳を注いで目を洗う男

投稿日:

セブ島マンダウエ市のカバンカランエリアに住む知人の話。

彼はあの悪魔のチャリのオーナーなのだが、彼の話を聞くたびに、自分の生活なんてまだまだ甘いと痛感してしまうほど常識破りなワイルドさだ。

先日、子供向けの日本アニメのムービーデータを貰いに彼の家を初めて訪れたのだが、また凄い話を聞いてしまった。

「フィリピンに住んでいるとしょっちゅう結膜炎になりませんか?」

モトボサツ
ピグサならしょっちゅうなるけどね

「結膜炎になって目が赤くなって、その状態でジプニー乗ったらみんな露骨に逃げますよ(笑」

モトボサツ
フィリピンの菌は強烈やけんね。。。

「結膜炎になったらその辺から母乳貰ってきてアイボンに注いで目を洗うんですよ」

モトボサツ
え、母乳!?

フィリピンでは結膜炎になったら母乳を点眼するという素敵な民間療法があり、彼はフィリピンの菌はフィリピンスタイルで治すというポリシーを持っている。

日本で「母乳下さい」というと即警察へ通報されるはずだが、フィリピンだとそんなに気軽に貰えるものなのだろうか?

モトボサツ
どうやって母乳くれそうな人を指名するんですか?

「いや、うちのチビに行かせます」

モトボサツ
でも誰の母乳か分からないのって不気味じゃないですか?

「もう目に腹は代えられませんからね!」

彼は私のようなB級サブディビションの中に住んでおり、周りの住民は企業のエンジニア等の中流フィリピン人が多いらしいが、その近隣の川沿いにスラム街があって、そこは子供がウジャウジャいてベイビーファクトリーとか呼ばれているらしい。

もし母乳が欲しければ川沿いの母乳の郷へ行けば必ず手に入るということだ。

【PR】フィリピンの滞在ホテルを探す

母乳の点眼情報

目薬代わりの母乳
実は、目薬がまだなかった時代、目やにが出たら母乳を使用していたという歴史もあるのです。おばあちゃん世代に聞いてみると、思い出してくれるかもしれません。それくらい最近まで使われていた方法です。

【PR】成田ーセブ 往復27000円~ 各社情報あり

目が痒かったり結膜炎になった時には目薬をさすというアイデアしかなかったが、フィリピンだと母乳の郷だらけなので、母乳を点眼するという療法は現実的だ。

しかも、私のピグサのように抗生物質があまり効かない感染症も増えてきている現状を鑑みるともっと母乳と仲良くなって天然の免疫力を高める必要性を感じる。

もしこれを読んでいる方で結膜炎になっている人がいたらぜひチャレンジしてみて頂きたい!

使えるビサヤ語

あんたのお乳頂戴「Tagai ko imong Gatas」

母乳アイボン男の乗る悪魔のチャリ

2,431view
★フィリピン無間地獄★悪魔のチャリに選ばれた男

ジプニーとジプニーの間に人知れず佇むチャリ。 セブに住む某氏が7年前マニラで購入したものだ。 その昔、日本拳法を伝えにフ ...

続きを見る

 

 もしよかったら閉じる前にランキング応援クリック1回だけよろしくお願います!

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

 

広告主募集中

モトボサツ
会社やお店のバナー貼りませんか?

広告のお問い合わせはこちらからどうぞ!

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
モトボサツ

モトボサツ

2年のセブ島ジャングル生活を経てビサヤ語を習得。その後タガログ語も同時に習得し、最後は英語という逆ばりメソッド。現在生命保険、医療保険コンサルおよびビジネス通訳を兼ねる。元セブの大学にて3年間ストリート系日本語教師の経験あり。

-カルチャーショック
-, ,

Copyright© モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.