免疫不全

【要注意】フィリピンでは毎日35人がHIV感染|3か月経過して異変?|デング輸血注意

投稿日:2019年11月3日 更新日:

フ96ィリピンHIV情報は常に増加傾向

セブは中央ビサヤ地区の中でHIV感染者が最も多い

2019年7月の発表によれば、フィリピン中央ビサヤ地区(セブを中心)はフィリピン国内において新規HIV感染者登録が4番目に多い地域だ。

1月から5月の間に合計396名がHIV陽性と診断された。

【HIV新規症例】

  • ワースト1 マニラ
  • ワースト2 中央ルソン地区(マニラの北)
  • ワースト3 カラバルソン地区(マニラの南)
  • ワースト4 中央ビサヤ地区(セブを中心)

1984年以来、この国は合計69,512人のHIV陽性者を記録しています。健康疫学局の記録に基づいて、毎日平均35人がHIVと診断されている。

中央ビサヤでの最も一般的な感染経路は、1男性から男性が192件、男性と女性が92件、注射器を介した感染が50件報告されている。

その他感染した妊婦から子供へという母子感染もある。

輸血感染

フィリピンでは輸血のドナーは自分で見つけることになっている。

私はデング熱で入院しているときに、突然ドクターからそろそろ輸血のドナーを見つけておくようにと言われて衝撃を受けてしまった。

AB型RH+なのだが、フィリピンでは少なく、そもそも他人の血液型を調査したこともなかったので、病床で突然言われても困る。

また、フィリピンではHIVや肝炎も多いので、下手に各種ウイルス入りの血液を輸血すると事態がさらに悪化する可能性もあるので恐ろしい。

セブ在住の方であればAB型の血を無料で提供します

HIV関連記事

2,153view
【激白】実は先日セブでHIV検査を受けました!その経緯とは?

HIV検査は突然に?! 先日、全く予期せぬ出来事としてHIV検査を受けることになってしまった。 思い当たるフシはあるよう ...

続きを見る

2,519view
【超不安】セブで受けたHIV検査結果を発表します

HIV検査の発表 HIV検査の経緯   やたらと不安 ちょい悪ボサツなんか、とんでもないことになってしもうた ...

続きを見る

まとめ

実際、近年セブでも日本人がHIV陽性判定が出ているケースもあるようだ。

セブの医療機関自体、感染した注射針による二次感染という可能性も感じるので、HIV検査に行くこと自体が一種のリスクなのかもしれない。

また、私の場合、先日受けたHIV検査は結果的に陰性だったが、もし陽性だったら、フィリピン保健省へ登録され、更にそこから日本へと報告されたり、余計に面倒なことになりそうな想像が働いた。

最近では自宅で出来るHIV検査キットも各種出ているので、余計なリスクを回避しながら安心をゲットしたい。

 

もしよかったらランキング応援クリック1回ハゲしくお願いします!!

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

広告主募集中

ちょい悪ボサツ
会社やお店のバナー貼りませんか?

広告のお問い合わせはこちらからどうぞ!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

モトボサツ

2年のセブ島ジャングル生活を経てビサヤ語を習得。その後タガログ語も同時に習得し、最後は英語という逆ばりメソッド。現在生命保険、医療保険コンサルおよびビジネス通訳を兼ねる。元セブの大学にて3年間ストリート系日本語教師の経験あり。

-免疫不全
-, , ,

Copyright© モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2 , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.