フィリピン運転免許

【カンニング不可能】運転免許の試験に通らないフィリピン人達続出中

投稿日:2019年11月6日 更新日:

誰でも買える運転免許証

フィリピンの運転免許は誰でも気軽に取得できる。

日本だと30万円以上を払って自動車学校へ通い、それから運転免許センターで試験をうけるという流れなのだが、フィリピンでは全費用は数千円程度で手に入る。

中でも尿検査が大変重要で、それさえパスできたらあとはこっちのもんだ。

少し面倒くさい申請手続きとサルでも受かりそうな簡単な儀式的テストが行われるだけ。

その結果、実際の交通社会では優先道路の意識はなく、強引&早いもの勝ちなサバイバルワールドが展開されている。

しかし、さすがのフィリピンも少しは現状に危機感を持っているのか、試験にもバリエーションを持たせ、カンニングができないようにオンライン試験が導入された。

GMAニュース

どんな試験?

25の設問を1時間かけて解くのだが、英語かタガログ語を選択する。

ビサヤ語しか話せないセントラルビサヤ地区のフィリピン人にとっては試練だ。。。

試験は3つの中から正しいものをチョイスする択一方式。

【設問】車両を離れる時の安全装置で重要なものはこれです。

A  ヘッドライトスイッチ
B パーキングブレーキ
C ホーン

【設問】前方のバスが乗客の乗り降りのために停車しているときに取るべき行動とは?

A 停車してバスが乗客を降ろして乗せ終わるまで待つ
B 原則していつでも止まれるように準備をする
C 直ちに停車しパッシングで警告する

最初の設問を間違える人はあまりいなそうだが、2番目はフィリピン人の性質上、最後の「C」を選びそうだ。

GMAのニュースによれば、12名中8名が試験に落ちたらしい。。。

不合格率67%

いままでより試験問題が難しくなっており、さらにカンニング防止のために設問がランダムに出てくるのが不合格連続を作っているとのことだ。

しかし、常識的なモラルを問うような問題が多く、さらにカンニングはしないのが当たり前だと思うのだが、今までの試験制度は一体なんだったのだろうか?

横断歩道に人がいたらパッシングで警告するという項目があれば普通に選びそうで怖い。

もっと試験を難しくして、歩行者優先意識を持つように横断歩道で歩行者がいたら止まるなど、モラル向上に努めていただけたら幸いだ。

って無理かぁ(笑)

参考サイト

インドで集団カンニング!!約520人退学処分!!

インド東部ビハール州ハジプールで、試験中の生徒のカンニングを助けようと建物の壁をよじ上る人々

インド北部ビハール州で、試験を受けた生徒約520人が、家族などの手伝いを受けてカンニングしたとして退学処分となった。
インドでは受験競争が激しく、特に都市部では名門大学への進学を目指すため私立学校に子どもを入れ、塾にも通わせる親は珍しくない。一方、ビハール州などでは公立学校が予算不足などで機能せず、校舎周辺では警官が配置に就いていたが、家族から賄賂を受け取っているケースもあるとされ、不正行為を止めることはなかった。
試験は日本の高校1年に当たる生徒が受け、将来の進学や仕事の方向性を左右する重要なテスト。17日から1週間、州内で140万人以上が受けているという。

もしよかったら応援クリックをグリっと一回お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

広告主募集中

モトボサツ
会社やお店のバナー貼りませんか?

広告のお問い合わせはこちらからどうぞ!

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
モトボサツ

モトボサツ

2年のセブ島ジャングル生活を経てビサヤ語を習得。その後タガログ語も同時に習得し、最後は英語という逆ばりメソッド。現在生命保険、医療保険コンサルおよびビジネス通訳を兼ねる。元セブの大学にて3年間ストリート系日本語教師の経験あり。

-フィリピン運転免許
-, , , ,

Copyright© モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.