セブの美容室 フィリピン人ってどんな人

【俺流】セブのヘアサロンで恐怖のバリカン刈りを避ける方法

投稿日:2019年11月18日 更新日:

日本でバリカンといえば罰ゲームか高校球児の五分刈りといった特殊な使われ方をするイメージが強い。

しかし、セブのヘアサロンでは最初から最後までバリカンがメインツール。

そんなことも知らずにセブのヘアサロンにノコノコ出かけて行って、椅子に座った途端バリカンを握ったスタッフが無表情に近づいてきたらきっと恐ろしいだろう。

これから問答無用に丸刈りにされてしまう恐怖感を味わうのだ。

実際、キャツ等の好き勝手にさせておくと、幾何学的な髪型にされてしまうのは必至。

フィリピンと日本の美的センスの差が果てしないことに気が付いても後の祭り。

私はいつも会員制スーパーLANDERS(ランダーズ)に併設されている無料サービスを利用している。

自分名義のメンバーカードを持っていて、その日に何か購または飲食したレシートを見せると無料で切って貰えるのだ。

しかし、無料のサービスには変な奴が集まってくるセオリーは万国共通で、嫁名義のカードをドヤ顔で提示し無料でヘアカットさせようとる姑息な奴や、レシートを持たずにやってきて、サービスを拒否されると「店長呼べ」とキレる痛すぎる中間層が結構いる。

先日の事件記事

1,250view
【モトボサツは見た】弱い犬ほど良く吠える|LANDERSのヘアサロンには変な客が多い

セブのコストコみたいな会員制大型スーパー「LANDERS」の中にヘアサロンがある。 買い物をしたレシートとメンバーズガー ...

続きを見る

私はそんな奴等とは一線を画すように、私の順番がやって来た時に必ずやる儀式がある。

それは、椅子へ座った途端、50と書かれた赤い紙幣を1枚渡しながらある呪文を唱えるのだ。

グンティン ラ アン ガミタ

真言密教とかで使われていそうな呪文っぽいが、これは一般的なビサヤ語だ。

その意味は「ハサミ使えよ」

ココがポイント

グンティンのティンにアクセントが乗る。ラアンのラが巻き舌

実践で3回も使えばこの呪文はとっさに出てくるようになる。

スタッフ曰く、無料サービスのランダーズのヘアサロンではわざわざチップをくれる客は余りいないそうだ。

そんな状況の中、魅惑の50ペソ紙幣が手渡され、絶妙のタイミングで「ハサミ使ってね」と爽やかに言われれば嫌という奴は殆どいない。

過去に一人だけチップを受け取りながらも嫌がった奴がいたが、99%喜んでバリカンを置いてハサミで丁寧にやってくれる。

もしチップを渡さず依頼すると、普段バリカンで電動楽々作業をしているヘアサロンスタッフはハサミで切るという重労働を露骨に嫌がるのだ。

チップの渡し方

1,037view
【自己顕示欲爆発】クリスマスパーティは美の競演舞台~どの美容室も超満席御礼♡

12月はフィリピン中がクリスマスパーティーで元々低い国全体の月間GDPが最低となるシーズンだ。 パーティーの準備は基本的 ...

続きを見る

セブ在住者はぜひこの呪文風のビサヤ語にてバリカンの刑から逃れて頂きたい。

感想をお待ちしております。

もしよかったら1回クリックしてブログランキングの応援をよろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

広告主募集中

モトボサツ
会社やお店のバナー貼りませんか?

広告のお問い合わせはこちらからどうぞ!

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
モトボサツ

モトボサツ

2年のセブ島ジャングル生活を経てビサヤ語を習得。その後タガログ語も同時に習得し、最後は英語という逆ばりメソッド。現在生命保険、医療保険コンサルおよびビジネス通訳を兼ねる。元セブの大学にて3年間ストリート系日本語教師の経験あり。

-セブの美容室, フィリピン人ってどんな人
-, , , , ,

Copyright© モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.