フィリピンの闇

【出生率アゲアゲ】セブ島で長時間停電|大型トラックが電線ブッタ切る

投稿日:

停電と出生率の因果関係

昨日、午後4時頃いきなり停電になった。

インフラの脆弱なフィリピンにおいては停電はお友達と言っても過言ではない。

そしてフィリピンの出生率を世界最高クラスに引き上げているのもこの頻発する停電のお蔭??なのだ。

「いきなり停電になった」と書いてしまったが、フィリピンの停電は日本のように理由と予告があることは少ない。

復旧にかかる所要時間も謎のまま不安な時を過ごすのだ。

停電で威力を発揮するのはスマホ。

もちろんバッテリーが残っている間だけだが、停電中でも数時間はインターネットで情報を発信したり入手することができる。

WIFIからモバイルデータにスイッチし、停電の原因を探ってみると、うちから200mほどの付近で電柱がなぎ倒された写真がニュースにアップされていた。

私もツイッターで情報発信

まるで日本人の陰毛のようにモジャモジャした電線が無造作にぶら下がっているのがセブの風物詩。

ちなみにフィリピン人のアソコはツルツル

大型トラックやトレーラーがその下を通るたびに荷台の上に人が乗って電線を持ち上げながら通過するのだ。

無理がありすぎる。

それを何年、何十年と誰も疑問を持たず改善されることがない。

そして、嫌な予感が的中。

10個タイヤが付いた大型トラックが元気よく電柱ごとなぎ倒してくれた。

夜になっても電柱なぎ倒し事件現場から数キロ圏内は真っ暗。

ジェネレーターがある建物以外は真っ暗

様々な要因で頻繁に停電となるフィリピン。

これがダイレクトに出生率が上がる要因だといわれている。

1,609view
【比製英語】「ブラウンアウト」って何?|それって美味しいの?|出生率が上がるってホント??

停電大国フィリピン 先日、ティムは某高級セレブリティエクササイズジムへと出かけた。 モトボサツYes ma'am カワイ ...

続きを見る

うちは子供をつくる計画は全くないので、安全を期して徒歩圏内の激安ホテルに1泊することを提案した。

このホテルに関しては次回のブログ記事で紹介してみたいと思う。

アクシデントの翌日、現場を見に行った。

セブ島屈指の渋滞エリアを通行止めにするドツボ

前時代的といえる緩やかな作業シーンに戦慄が走る

街灯に無造作に括り付けてあるケーブルが無駄に被害を拡大

もぎ取られる街灯の生々しい傷跡

そんな理由でマンダウエ市を中心に来年の人口増間違いなし!!

 

もしよかったらブログ村ランキング応援クリックぜひ1回強めにグリっと押してください!

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

広告バナー募集中 問い合わせはこちらからどうぞ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
モトボサツ

モトボサツ

2年のセブ島ジャングル生活を経てビサヤ語を習得。その後タガログ語も同時に習得し、最後は英語という逆ばりメソッド。現在生命保険、医療保険コンサルおよびビジネス通訳を兼ねる。元セブの大学にて3年間ストリート系日本語教師の経験あり。

-フィリピンの闇
-, , ,

Copyright© モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.