コロナ帰国後の生活 コロナ関連

3月20日セブーマニラー成田【フィリピン ブレイク】コロナ禍の脱出~Cさんの軌跡

投稿日:

モトボサツです この記事を読んで1㎜でも幸せになって頂けたら幸いです よかったらボサツの応援クリック1回お願いします

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

O師匠
モトボサツという名の由来はこちらです

2013年~2016年 モトボサツ勝手にブログセブ島編 カテゴリー別

1,244view
【シーズン1】モトボサツ勝手にブログセブ島編|カテゴリー別記事

モトボサツです この記事を読んで1㎜でも幸せになって頂けたら幸いです よかったらボサツの応援クリック1回お願いします に ...

続きを見る

 

3月27日、フィリピンを脱出したCさんの軌跡

現在、コロナ感染爆増中のフィリピンから日本へ脱出しようとしている人達がいる。

しかし、現地の情報は混沌を極め、フィリピンお得意の役所の担当者の独自ルールが独り歩きし、右脳的感情が全てを支配する放置国家の本領発揮。

フィリピン航空の直行便はフライトの3日前に独断的に鬼のキャンセル。

キャンセル料も支払われないまま深くネガティブな感情だけが残されるセブ島残留日本人。。。

そんな中、私と同様、セブ在住であったCさんは3月20日にマニラ経由で日本上陸を果たし、現在は千葉のホテルで自主隔離を行っているとのことだ。

 

Cさんとの最初の繋がりは3月3日午後0時11分に受けたツイッターDMでの相談。

その時の内容を一部割愛し、下記の通りご紹介したい。

 

こんにちは。Cと申します。
突然のメールすみません。
私はモトボサツさんのブログのファンでして、非常にいつも参考にさせていただいております。

私も偶然12月に籍をフィリピン人と入れまして、大使館へ提出のフォーマットも参考にさせていただきました。
また今月にセブから成田便で帰国する予定であり、PCR検査もUCMEDでしたほうがいいなど、私のセブ生活の道標として読ませていただいております。

実は一つお尋ねしたいことがありまして、ご連絡させていただきました。
私は3月20日にセブから成田を経由し、地元へ戻ろうと思っております。

〇〇空港が海外からの便を完全に封鎖しておりまして、成田にて14日間自主隔離をせざるをえません。
私も自主隔離するべきだとはわかっているのですが、Jセンターのイミグレで本当に色々お金かかってしまって、ダウングレード1年かかったのですが、1年分のビザ代やらペネルティーやら、私結婚式先月挙げたので、今すぐ出国したくなければ金払えなどなど、結局20万円近くかかり、お金が少なくなってしまいました。

成田ではなく地元へ移動して自主隔離するのは可能でしょうか?

突然のご連絡で申し訳ございませんが、お手空きの際にご経験から教えて頂けますと幸いです。

 

実は私も同じことを考えた。

昨年から勃発した突然のコロナ騒動でセブ発のフライトが軒並みキャンセルされ、セブ島留学してい語学留学生が日本へ戻れず帰国難民という言葉が生まれた。

2020年8月、モトボサツ家ではカワイイちゃんを日本の学校へ入れると決断したが、コロナ禍でティムが日本へ渡航できない。

カワイイちゃんと私だけ日本へ戻るのは現状として不可能。

後ろ髪引かれる思いで単独で日本へ行き、ティムの在留資格申請を行う作戦一択となった。

キャンセル臭のするセブからの直行便を避け、鬼門マニラ経由で日本へ上陸することにした。

ではどの都市へ上陸するか?

日本国憲法の及ぶ範囲であればどこでも良い。

成田、羽田、関空、福岡。

この4つの都市から一つを選択。

日本ならどこでも良いとは言いつつも、成田、羽田は14日間の自主隔離の滞在費がバカにならない。

関空?

いやいや、大阪は土地勘も無く、更に中途半端に大都市なので滞在費がかかりそう。

そして消去法で福岡が残った。

14年前、私が日本を去ったとても縁深い地だ。

マニラ→福岡の最短便よりもマニラ→羽田→福岡というワンストップルートの方が航空券代も安く便数も多い。

脊髄反射的に羽田経由の航空券を購入したが、あとから重大な事が分かった。

 

「帰国者は飛行機乗り継ぎでの国内移動が出来ない」

 

セブでPCR検査の陰性証明の発行を受け、日本の空港でも唾液検査の陰性証明を受け、ダブル陰性なら全く検査を受けていない一般の日本人より安全性は高いはず。

一瞬羽田から福岡便へしれっと搭乗しても問題ないのでは?という事が頭をよぎったが、流石に日本はフィリピンほどバカではないのでその辺の帰国者フィルターはしっかりとかかっているだろう。

お陰で1万円のキャンセル料を支払うはめにはったが、そこは授業料だと割り切れた。

改めて、セブ→マニラ→福岡ルートの航空券取り直し、空港から徒歩5分圏内の宿をエアビ―で予約。

コロナで宿泊料が半額以下となっており、14日の宿泊費もわずか3万円強。

しかし、ビザのダウングレード代から数えると福岡へ上陸するまで35万円かかっている。

コロナで収入が途絶えている最中、この手痛い出費はまことに遺憾である。

 

Cさんからのブログコメント

こちらはブログのコメント欄へご連絡いただいたのでそのままご紹介したい。

私は3月20日にマニラ経由成田行きで帰国しました。現在千葉県のホテルで隔離中です。
結構高くついてしまいましたが、仕方ないですね。私も福岡で隔離すれば良かったかな、、なんてちょっぴり後悔しています。

3月6日、20日と急なキャンセルにより、本当にバタバタしましたが、なんとか帰国できてホッとしています。

確か3月17日にいきなり20日のセブー成田がキャンセルになったと連絡があり、なんとしても日本に戻らなければ、日本、フィリピンともに水際対策強化のため、あと何ヶ月も帰国できないのではないかと焦りました。

しかも帰国直前に私の住んでいたコンドミニアムの隣の部屋の住人がコロナ感染してしまい、部屋で隔離されていましたので、私は伝染ったら帰国できないし、部屋は引き払うので住むところは無いし、これから途方に暮れるだろうとドキドキでした。

モトボサツさんのブログを拝見し、マニラ経由のターミナル一泊は厳しいと事前に分かっていたため、マニラ空港の近くにホテルを取り、タクシー運転手と戦いながらぼったくり金額を支払わず、移動しました。

マニラ空港着から成田発まで8時間くらい空き時間ありましたが、ホテルで数時間横になり休めましたので、結果ターミナル1で時間潰すより、ホテル宿泊をしてよかったと思いました。

本当にありがたい情報沢山ありがとうございました。

しかも私は国内線移動時はトラベルパスやメディカルサーティフィケートなど必要ありませんでしたので、ラッキーだと考えるようにしていました。

日本についてからは快適ですが、フィリピンエアーにセブー成田便返金のお願いを20回近くメールするも返信なし、、

早く返金処理だけ進めてほしいですが、根気よく連絡してみます。

OSSMAと言うアプリを入れなければ行けず、少し不便ですが、、私もギリギリ帰国できてよかったです。

私も妻を日本に呼ぶために、転職活動根気よくしたいと思います。

これからもモトボサツさんのブログ応援しております。
(そしてちくわさんの鋭いコメントもブログとセットで、毎回楽しみに読んでおります。)

Cさんも3月20日のセブ成田便キャンセルの犠牲者だ。

晴天の霹靂とは正にこの事。

PCR検査の陰性証明書さえ手に入ればこっちのもんだとワクワクしていた矢先、奈落の底へ突き落された格好。

コンドミニアムの隣の住民がコロナ感染で自宅療養という恐ろしい状況。

宇宙服レベルのプロテクトをしないとそこにはもう安心して滞在できない心境だ。

 

国内線移動時はトラベルパスやメディカルサーティフィケートなど必要ありませんでした

 

これは正に不幸中の幸いと言える出来事だ。

今となってはほろ苦い想い出になりかけているが、私が経験したあの地獄の証明書集め。。。

いい加減を絵に描いたようなフィリピンの役所の一挙一動に対し疑心暗鬼の塊のような心境だった。

そしてプリズンブレイクのシーンで使えそうなほどダイハードな夜を過ごしたターミナル1の冷たいベンチ。

それを回避して頂いただけでも記事を書いた甲斐があったように思う。

まだ私も道半ばであり、ティムの在留許可も出ていない状況なので、これから私が執筆する記事がCさんや似たような境遇の方のお役に立てたら幸いである。

希望を捨てずにがんばりましょう!

 

もしこの情報がお役に立てたらランキング応援クリック1回強めに押してください!!

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

モトボサツ

2年のセブ島ジャングル生活を経てビサヤ語を習得。その後タガログ語も同時に習得し、最後は英語という逆ばりメソッド。現在生命保険、医療保険コンサルおよびビジネス通訳を兼ねる。元セブの大学にて3年間ストリート系日本語教師の経験あり。

-コロナ帰国後の生活, コロナ関連

Copyright© モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.