モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2

私の奇妙な生活が何かのヒントになる事を願っています フフフ

未分類

【ナイトライフ】痴情の楽園フィリピン 男はつらいよ~

投稿日:

嫉妬が動物的衝動であると教えられるフィリピン生活。

夜のバーでアホな客がステージに上がり、踊り子さんがプリケツをふりながら誘う。

フィリピンらしさ溢れる情景だ。

クライマックスシーン。

こっそり尾行してきた彼女か奥さんが怒りながら登場し、嬢を突き飛ばして男は外へ連行される。

これは全く冗談ではなくフィリピンあるあるで、実際私も目にしたことがある。

逆にもっと多いのが、奥さんがバーの踊り子で、旦那または彼氏が怒りながら奥さんを連れ出すシーン。

バーのママに聞いてみると、旦那は100も承知で奥さんを働かせているのだが、酒が入ると豹変する三流男の真骨頂。

しかし、ステージの男、日本人に見えるのは私だけだろうか?

男はつらいよフィリピンライフ。

ぜひフィリピンにいる殿方ご安全に!

 

もし良かったらランキング応援クリックぜひ強めにお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

SPONSORED LINK






-未分類

執筆者:


  1. Seiji より:

    男の嫉妬の方が怖く、フィリピンではちょくちょくニュースになっていますね。
    動画を見たら彼氏がつられたことに納得です。

    • motobosa2 より:

      Seijiさん

      男の嫉妬いやですね。。。
      僕は嫉妬される側なので(うそ)

    • motobosa2 より:

      Seijiさん

      >男の嫉妬の方が怖く

      はい、私は男から嫉妬されやすいのでわかります(うそ)

  2. プケモン より:

    ははは、そりゃ朝鮮人たい!
    DX博多で、まな板ショーやってた頃が懐かしかですな、奧さんは登場せんかったけんど。
    駅前ミュージックで本番やってた時は、横の小部屋でピリピーナが、クムスタカ?笑

  3. volcano より:

    まあ、男は女のパンツを脱がしてナンボですが….
    若い時はピチピチギャルがお婆さんになっていく過程を想像もできんかったが、今は出来るのが辛い。

    ところで、若いピナから鋭気を貰った日本の爺様は、その分長生きできるんどすか?それとも寿命が縮む?

    • motobosa2 より:

      volcanoさん

      >その分長生きできるんどすか?それとも寿命が縮む?

      私の調査によると、パイプカット組はけっこう健康でいきり立ってますね。
      パイプカットと寿命の因果関係あり?

  4. ponchuu より:

    その動画を眺めて、働かせている旦那が遊びに来てるというコメ見てたら
    日本で土建屋の元社長が現役引退したピーナに店出させて、時々タダで飲んでる場面とダブる。
    当然、経営能力とかが欠如しているので、2-3年経ったら大体店をたたんでるのが多いな。

    セブのホテルに泊まってた時、食中毒で寝込んで暇してて呼んだ、マッサージ嬢の旦那が日本人だった。
    何でも3ヶ月位何もしてなくて、食えないので嫁さんが働いていたようだが、そんなんも居るのかな?

    • motobosa2 より:

      ponchuuさん

      >マッサージ嬢の旦那が日本人だった。

      日本で出会ったフィリピーナの旦那は日本人のお爺さんで、旦那とはダバオで会って結婚したけど、働かないので自分が出稼ぎに来ていると言ってました。。。
      最初は???意味が分かりませんでしたが、いまはリアルに状況が想像できます。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

セブでインターネット100Mbpsスポット。。。噂はホントだった

    【インターネット】 日本人にとってまだまだセブは仕事する場所として手厳しい。 日本で当たり前に手に入る環境を得るのでさえSo tough。 今の世の中なんでもかんでもインタ …

心が折れた朝、インサイダージョブ

  日曜日の朝の出来事。 朝からカワイイちゃんを連れてプールへ行く予定だった。 その日に必要そうな費用だけをざっと想定し、いつもの小ビニール袋へ移して出かけようと思いバッグから財布を出した。 …

フィリピーナをシンデレラにする時の注意点

Sponsored Link   フィリピーナはどんなタンボックでも自分をシンデレラだと信じて疑わない。 努力せずに王子が見つけてくれるのを待つだけというまさにこの国に打ってつけのストーリー …

セブの車窓

  昨日アミーゴはティムの日だった。 だから7時少し前タクシーを呼んでもらった。 朝7時半から某所で日本語の授業がある。 そんなに日本語を教えるのが好きなのか?と言われそうだが、どうやらそう …

【初大公開】カワイイちゃん&モトボサツ ジプニは移動式動物園だ!?

年末年始のバコロドの旅以来かわいいちゃんはジプニー好きになってしまった。 ジプニーというクローズされた独特な空間には一瞬妙なコミュニティーが生まれる。 じっとこちらを凝視して止まないフィリピン人にびび …

スポンサード リンク

モトボサツ 勝手にブログセブ島編 VOL1

モトボサツ協賛サイト 英語ビギナー必見!

  • モトボサツ投稿記事抽出

現地医療保険 見積もり無料

  • 現地医療保険 ツーリストでも入れる!

PR スポンサー ドリンク