カルチャーショック

【淫語】扇風機で感じるフィリピン人

投稿日:

フィリピン人がガチで反応するのが扇風機。

扇風機は英語でElectric fan(エレクトリックファン)だが、日本語でセンプーキと言うと女性は恥ずかしそうに頬を赤め、男性は目を輝かせる。

具体的に言うとセンプーキのプーキ部分に強く反応しているのだ。

プキはフィリピンでは女性の陰部を意味するスラングとして使われている。

センプーキという呪文を唱えると相手によって反応はまちまちだが、それによって脳はが乱れるのは確かだ。

ところで、先日その魅惑のセンプーキが壊れたので、SMの家電コーナーまで買いに行った。

無駄にスタッフがいるのだが、システムが複雑すぎて商品を購入するまでに2時間かかる。

1 商品を選び、在庫を確認してもらう

どうせどれ買ってもすぐ壊れるので適当に目に付いたAsahi製をチョイス。

その辺に溜まっているスタッフにパパリッタコ アニ(コレ頂戴)と告げた。

スタッフは在庫チェックしてくるといってその場を去ったが、この在庫チェックが非常に長い。。。

30分経っても戻ってこないのはザラだ。

他の客も在庫チェックで呆然と待ちぼうけ中。

ひょっとしてあのスタッフはもう二度と戻ってこないのではという不安がよぎる。

もう駄目やね。。。と思った瞬間スタッフの男性が在庫をかかえて戻ってきた。

センプーキは非常に重いので3人がかりで箱から出さなければならない。

2 試運転の儀式

それからちゃんと動くかテストをする。

日本ではテストなんてする店ないが、フィリピンではこの試運転は重要度五つ星。

3 キャッシャーへ行き支払う

テストが終わったら、一番奥のコーナーで支払う。

そして領収書にサインをし、その用紙をもって次のコーナーへ移動する。

4 領収書チェックと商品の引き渡し

商品を渡す前に領収書の金額と中身が適合しているか入念にチェック。

5 ガードマンチェック

日本では支払いを済ませ領収書をもらい商品を受け取ったらそのまま家に持って帰れるのだが、フィリピンは許されない。

ガードマンが商品と領収書が合っているかをかなりシツコク確認する。

店ぐるみで悪事を働くケースが多いので、このガードマンが最後の砦だ。

まとめ

一つの作業を3名のスタッフが行うとはなんて贅沢なんだろうか。

子供の面倒を見るヤヤも3人子供が居れば3人雇うのがフィリピンの発想。

たかがセンプーキを買うのに5つの工程を経て2時間かかる濃厚な時間。

これをイライラせずに楽しめるようになったらフィリピン1級。

 

こちら良かったら応援クリック強めにお願いします!
↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

SPONSORED LINK






 

-カルチャーショック

執筆者:


  1. レチョン  より:

    昔し昔しパラワンの掘っ立て小屋コテージ手汲み桶シャワーCRに宿泊した時に扇風機の電源コードを足で踏んだらビリビリビリビリっと電流の稲妻が足裏に走りビックリした事があります
    それ以来コードは触りたくもないです
    それ以来フィリピン扇風機=感電のイメージになってしまいました

  2. ponchuu より:

    プキで反応するの? エレクトリックだけでもティティが反応するとか。(笑)
    ちゃんと動作確認してるのは正解だね。以前、台湾で作られた日本のメーカーのは、逆回転してたので、面白がってしばらく展示してました。
    中国製のラジコントレーラー、買う前に動作テストさせたらやっぱり不良品でしたよ。

    セブ出戻りブログが褒めてたセブの警官が、暗殺失敗で逆に撃ち殺されてるね。
    PNPとNBIも利権絡みで仲が悪いから、NBIに助けを求めたとか。ヤクザと同じ。
    youtubeでレンタルできる”ローサは密告された・2018年フィリピン映画”をぜひ観てください。麻薬絡みで捕まった夫婦が警察署で受けるワイロの要求がリアルですよ。
    フィリピン人の相場が20万ペソだから、日本人がセットアップとかで捕まると100万ペソ-200万ペソでしょうね。
    また、警察署内に小間使いのバクラの少年が居たり、巻き上げた金で宴会したりカラオケしたり、フィリピン人の監督はフィリピンの現実をよく描写してると思います。

    • motobosa2 より:

      ponchuuさん

      >”ローサは密告された・2018年フィリピン映画”

      ぜひ見たいです!

  3. みこちん より:

    今晩は。
    無事セブ着きました。
    マクタン空港ターミナル2、驚くほど立派で驚きました。
    動線も良いですね、迷わすタクシー乗れました、
    運ちゃんは雲助でさしたけれどね。(怒)

  4. みこちん より:

    そんなのヤダ! (笑)

  5. 枯木 より:

    エアコンがあるホテルに宿泊したフィリピン人から、”寒かったが朝まで我慢した”との話を聞いて、エアコンを止めるか、温度調整をすれば良いのにと思いました。どの時代の人がフィリピンに住んでいるのだろうか?オーシャンジェットの空調も恐ろしい寒さです。電気料金が高いので、扇風機の時代で時が止まっているようですね。

    • motobosa2 より:

      枯木さん

      >、”寒かったが朝まで我慢した”との話を聞いて、エアコンを止めるか、温度調整をすれば良いのにと思いました。

      ご存知のとおり、フィリピン人は極めて保守的で温度を変えるのも嫌がりますwww

  6. volcano より:

    在庫なくても展示物の特別割引ちゅうのが秋葉原にはありやす。また、電気街から離れて裏の路地に行くとビラを持ってるおっさんがいて
    「へへ、旦那、どこよりもお安くしやすぜ。メーカーと型番だけ教えておくんなはれ」
    その型番を伝えると、何処かにtelして倉庫にぶっ飛んでく。
    昔はこんなだったが、今はやはりネット最安値。「どこよりも安く」を謳ってる電器屋にスマホを見せれば、その値段になりやす。

    6月にエアコンを新しくしますた。暑いんで毎日21度設定にしてガンガン効かして…..昔のエアコンより電気代が5000円は安い。
    CEBU Pちゃんの家のサムチョン・エアコン、効きゃ〜せんのに電気代ばかり高い。そういや、Pちゃんが帰国する時、日本製の扇風機を貰いますた。なかなか良さげな風を送ってきますばい。
    日本の中古製品が大量にフィリピンに行ってる筈だが……10年で考えると電気代はバカに出来んと思います。

    • motobosa2 より:

      volcanoさん

      エアコンの選択で電気代が雲泥の差。
      ここにフィリピン人はほぼ気がつかんで寒損買うとです。。。汗

  7. i より:

    コンセントに穴が開いていない商品はヤバイらしいです(笑)中国の余り物?
    最近ずっと昼間でも警官が道に立ってるので気になっていたのですが、やはりヒットマン。

    何やら市長がターゲットになったみたいで。。。南無ー。

    • motobosa2 より:

      iさん

      殺人が気軽に行われますね。。。フィリピンはやぱりメキシコみたいです。

  8. プケモン より:

    扇風機でごわすか。asahiちゅうけんが、ビールかと思ったと。さっすがシナ人オーナー。
    値段は安かばってん、値段は正直。3・4年で終えるとね? 色がイティムでよかよか。
    おいどんが寝る時に使っとるの、そよ風モードが付いとって、よかばい。10年位OK。
    こう猛暑続きじゃ、寝る時もエアコン回しっぱなしじゃが、比較的新しかのを使っとる。
    45年前のエアコンもしぶとくあるとですが、電気代が1.5倍位係るけんですな、アヨウ・コ。

    コンセントに穴が開いてないちゅうのは、どげな意味ですかいの、真ん中のアース?
    いっぺん、ピリピンでコンセントばらしたら、線は細くてバハラナ! 燃えるが。笑

  9. プケモン より:

    あ~、そげなACプラグとかあるとでごわすか?
    たすか、日本では電気安全基準違反品じゃ。さっすが、シナ人植民地。笑笑。。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

【ジンクス】床屋行った日は저기요(チョギヨ~)

私の両親はどちらも日本人なのだが、見た目は正反対で、父はどっちかというと色が浅黒く顔つきはインドフィリピン系で逆に母は色が白く顔つきは韓国モンゴル系の顔をしていた。 どちらかといえば私の顔は子供の頃か …

【無法地帯】ホンダVSヒュンダイ 仁義なき戦い@セブEmall

セブのえげつない交通戦争は路上だけではなく、駐車場でもかなり激しく繰り広げられている。 中でもエリザベスモール(通称Emall)はワイルドパーキングの聖地だ。 青いホンダシビックにかぶさられ出られない …

【最大80%オフ】メガネ美女が大集結~Big Bad Wolf’s Biggest Book Sale

Big Bad Wolf’s Biggest Book Sale in Cebu this July 13-23 ビッグバッドウルフは、マレーシア、タイ、インドネシア、フィリピン、スリランカで頻繁に開 …

【モトボサツ視点】2018年シヌログ写真集とビデオ(写真転載可)

2018年シヌログ祭り勝手に総集編 毎年この時期になるとあの軽い音楽とともにシヌログの雰囲気に包まれる。 最近まで顔見れば「メリークリスマス」だったセブも俄かに「Pit Senyor(ピットセニョール …

【方向性】セブのハロィン事情 人生のソートキー1は自己主張

フィリピンという国の特徴を一言でいえば、目立ちたがり屋の集まりだ。 ショッピングモールに行けば必ずと言って良いほどステージ系の催しが行われている。 子供の頃からステージ慣れして育つのでやたらとノリノリ …

スポンサード リンク

モトボサツ 勝手にブログセブ島編 VOL1

モトボサツ協賛サイト 英語ビギナー必見!

  • モトボサツ投稿記事抽出

現地医療保険 見積もり無料

  • 現地医療保険 ツーリストでも入れる!

PR スポンサー ドリンク

メイドをお探しの方

  • セブでメイド♡紹介記事

フィリピンってどんな国?

  • 【総まとめ】フィリピンってどんな国?10年の軌跡

セブ赤裸々ブログ

  • 相互リンク
error: Content is protected !!