未分類

加害者のいない世界。。。やられた方が悪い

投稿日:2016年10月24日 更新日:

jojo01

カーエアコンと言えば例のJOJOのカーエアコンショップ。

先日アミーゴのエアコンガスと調整のため1日入院。

エアコンの調子は復活し値段も手ごろの請求。

場所がドローカルエリアにあるという事を除けばいつもながら満足度は高い。

しかし、翌日車についてあった工具袋が元の場所から移動している事に気が付き中を見てみると。。。

 

ない!

先日買って紙袋へ入れておいた塗装用のスプレーがなくなっている。。。jojo02

一瞬でブルーな世界へ持っていかれた。

丁度ティムがその辺を歩いていたのでボヤいてみた。

「あのさ・・・JOJOの店に修理出してるうちにスプレーをパクられたみたい」

「えっとね、この国じゃね、取られた人が悪いんだって!」

あ、だよね。

大事なことを忘れていた。

生き馬の目を抜くのは東京。

馬ごとごっそり居なくなるのがフィリピン。

関係ないが携帯も見られたほうが悪いと言わんばかりの顔のティムさん。

SMで財布をスラれた時そう自分の中で素直に折り合いをつけたはずだった。

とことん加害者の居ない世界。

JOJOの店だからとつい油断してしまったのか?

修理に出すともっと壊れてくる。

あと何か無くなって戻ってくる。

下手するとパーツ単位で盗難されることも普通にあるのがフィリピン。

しかし。。。

盗られた方が悪いという言い方をしているが、実際は取ったヤツが悪い!

どうしようもないクズ野郎だ。

よく日本でいじめが問題になるが、”いじめられる人間に原因がある”という意見をよく聞く。

しかし、究極にはいじめる側が悪いに決まっている。

いじめは人間の煩悩が生み出す卑劣な欲望の具現化である。

しかし、いじめられる側から脱却するにはそうならないように己の甘さを叱咤するほか方法はないだろう。

ここフィリピンではやられた方が悪いと思うマインドが明日の成長をつくってゆくのだろう。

なんちゃって。

 

 

もしよかったらランキング応援クリックぜひお願いします! にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ

 

SPONSORED LINK






  • この記事を書いた人
  • 最新記事
モトボサツ

モトボサツ

2年のセブ島ジャングル生活を経てビサヤ語を習得。その後タガログ語も同時に習得し、最後は英語という逆ばりメソッド。現在生命保険、医療保険コンサルおよびビジネス通訳を兼ねる。元セブの大学にて3年間ストリート系日本語教師の経験あり。

-未分類
-, ,

Copyright© モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.