未分類

フィリピンライフ最終兵器とは。。。死ぬというたった一つの条件だけ

投稿日:2016年11月29日 更新日:

タイ生命保険のCMは珠玉の名作ぞろい。

なかでも個人的に好きなのはMy Girlという父娘の作品。

これを観てまず私が思ったのが、自分は娘の成長をどこまで見れるのかということだった。

生まれた時の感動から子供の成長と共に歩む父親の姿がまぶしい。

自分も同じ道をたどれるのだろうか?

フィリピンで長生きする気が全くしない。

今生きているのが単なる幸運の連続なんだと思いながら生活している。

そんなラッキーがいつまで続くか本当に分からないのだ。

子供と自分の未来予想図としてこのムービー。

最後の方は娘が若くして妊娠するシーン。

フィリピンという国の性質から考えると、リアルに想像してしまう。

もし、自分がこの父親の立場なら。。。

娘は自分が守るしかないと再認識するだろう。

 

全ての父親は自分がパタイ(人間の最後に訪れる儀式)ぬとき娘が生まれた時の喜びを思い出すという。

パタイ(人間の最後に訪れる儀式)んだ後に自分の分身として残せるもの。

それが保険。

自分の代わりに保険金というが子供を守ってくれるのだと信じて。

私はデング熱でパタイ(人間の最後に訪れる儀式)を予感したあと、生命保険の受取金額を増額した。

自分の代わりにカワイイちゃんを守ってくれるもの。

フィリピンライフ最終兵器は生命保険。

パタイ(人間の最後に訪れる儀式)ぬというたった一つの条件。

ちなみにフィリピンで自分が被保険者として生命保険に入れる日本人の資格。

■ツーリスト以外のビザ
自分が父親であることが分かるNSO

ファンド付きなので、学資保険がわりに買う人も多い。

▶お問合せはこちらより

 

もし良かったらランキング応援クリックぜひグリっとお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

SPONSORED LINK



  • この記事を書いた人
  • 最新記事
モトボサツ

モトボサツ

2年のセブ島ジャングル生活を経てビサヤ語を習得。その後タガログ語も同時に習得し、最後は英語という逆ばりメソッド。現在生命保険、医療保険コンサルおよびビジネス通訳を兼ねる。元セブの大学にて3年間ストリート系日本語教師の経験あり。

-未分類
-, , ,

Copyright© モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.