未分類

【痛撃】コタキナバルの20歳女ドラゴン

投稿日:2017年3月22日 更新日:

ティムニュースによると、先日マレーシアで20歳の女性が二人組の男に強盗強姦されそうになったらしい。

フィリピンからほど近い世界的観光地としても有名なマレーシアのコタキナバル付近で事件は起こった。

地元のニュースによると、バイクに乗った二人組の男が女性の運転する車を追跡し、女性を車外へ出した。

男は刃物を持っており、一人は彼女を茂みの中へ引きずり込もうとし、その間に車内からバッグを強奪しようとした。

命の危機にさらされた彼女はその男二人をノックダウン。

男は昏睡状態で病院送りとなったとのこと。

まるで映画か漫画のような話だが、普段被害者が加害者にさせれてしまうようなクレイジーな世界で生活していると、こういう話が非常に痛快に感じる。

バイクに乗った二人組の男はろくな事をしないのはアセアンの共通項なのだろうか?

マレーシアもフィリピンと大して変わらない野蛮な修羅の世界なようだ。

 

しかし!

 

何となく気になったのが2点。

一つはあまりにもテコンドーの服を着てケリをしている写真。

空手と書いてあるのにテコンドー?

まあ、海外あるあるなのかもしれないが、さらに女性のケリ写真の顔がどうも合成臭い。。。

その後いろいろネット検索した結果フェイスブックを使ったデマとわかった。

こちらの記事

不審なバイクに付きまとわれることは普通にあると思うが、わざわざ窓をあけ、さらに刃物を持った相手の誘いにのって車からわざわざ降りるのも不自然だ。

残念ながら、女ドラゴンの痛快激はなんちゃってで終わったが、カワイイちゃん向けに空手教室を始めようかな。

私が彼女に残せるのはそんな事位かもしれない。

とくにタンバイへ金的膝を中心に(笑

 

もし良かったらランキング応援クリックぜひ強めにお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

SPONSORED LINK






 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

モトボサツ

2年のセブ島ジャングル生活を経てビサヤ語を習得。その後タガログ語も同時に習得し、最後は英語という逆ばりメソッド。現在生命保険、医療保険コンサルおよびビジネス通訳を兼ねる。元セブの大学にて3年間ストリート系日本語教師の経験あり。

-未分類

Copyright© モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.