未分類

小さな物乞い朝マックの理由 

投稿日:2016年12月14日 更新日:

 

カリカリに焼いた2枚のトーストブレッド。

毎朝ティムがジップロック袋に詰めてくれる。

良く焼いたパンを食べるとその日は体調が良い。

そうやって自分の健康法を自分で見つけていくのが、正しいフィリピンライフ。

エスカリオ通りの無駄に長い信号。

私はパンをバッグからおもむろに取り出した。

その瞬間、物乞いの小さな女の子と目があった。

おもむろに近づいてくる。

パンは2枚。。。

1枚だけあげて残りは自分で食おうかな。

せこい考えが頭をよぎった。

いや、待てよ!

もしかして、女の子は優しくて、きっと一緒にいるオヤジにパンをそのままあげてしまうかもしれない。

俺が食うより二人で仲良く食べてもらうか。。。

ジップロックごとそのまま渡した。

「クヤ、サラマーット」

その声が、私にとっての最高の朝食となった。

信号が青に変わった。

私はアミーゴのアクセルを床まで踏み込んだ。

結局、体に悪い朝マックばまたしてしもうたばい。

 

 もし良かったらランキング応援クリックをお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

SPONSORED LINK






  • この記事を書いた人
  • 最新記事
モトボサツ

モトボサツ

2年のセブ島ジャングル生活を経てビサヤ語を習得。その後タガログ語も同時に習得し、最後は英語という逆ばりメソッド。現在生命保険、医療保険コンサルおよびビジネス通訳を兼ねる。元セブの大学にて3年間ストリート系日本語教師の経験あり。

-未分類
-, , ,

Copyright© モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.