未分類

最新離婚事情!やはりフィリピーナにはフィリピーノが必要なのか?

投稿日:

yayadab

フィリピーナにはフィリピーノが必要?

これは、フィリピンに住む多くの日本人男性にとって永遠のテーマかもしれない。

昨日、ティムからアヤラ呼び出しを受けた。

高校時代のクラスメイトがセブに遊びに来ているらしい。

彼女は高校卒業後、ジャパユキとして日本で行き、現在新宿のオメセ(お店)で働いているとのことだった。

師走ど真中の今週はホント鬼のように忙しい!

そんな微妙な同窓会もどきにイチイチ呼び出されるのも困ったものだが、どうせマウスパッドを買わないといけないのでアヤラに行くことにした。

ちなみに、これが59ペソ(税込み)で買ったマウスパッド。maus

どうでもいいが、今のシーズンこれしかないって言われた。。。

セブでこれ使うの何だか恥ずかしい。。。

 

そして、私はイロンガ2名の待つ某カフェへ向かった。

最近はコリアンが減って日本人がグンと増えている。

不覚にも携帯をアミーゴの中に置き忘れてしまったので現場の写真が撮れなかった。

反省。。。

「こんにちは」

「Hello nice to meet you」

向こうが日本語でなぜかこっちが英語?

フィリピンあるある。

日本人相手に英語が出にくいように、フィリピン人の顔見ながら何となく日本語が出にくい。

「今なぜセブに?」

「セブに彼氏がえます(います)」

「日本人?」

「いや、ピリピノだけ(フィリピン人です)」

オメセ(お店)で知り合った日本人と結婚していたが、離婚してしまったらしい。

その原因はセブ出身のフィリピーノか?

あえて突っ込まなかったが刑事の感みたいなものが働いた。

セブ出身のフィリピン人とどこで知り合うのか?

それはフェイスブック。

日本人にとってフェイスブックは業務連絡が中心だったりするが、フィリピン人にとっては今も昔も出会い系ツール。

自慢の彼氏のフェイスブック写真を見せてもらったが、如何にもタンバイな匂いがした。

日本に居てもわざわざタンバイみたいなフィリピーノを選ぶのか。。。

せっかく日本へ行き、日本人と結婚し、フィリピンとは比べものにならない安定的で質の良い生活を手にしても、離婚し高い旅費を使ってフィリピンに戻ってくるのだ。

 

国際結婚事情

kokusai

国際結婚の数は2006年をピークにどの国も減少している。

男女の内訳はどうかというと、2005年の厚労省データによると男性の国際結婚率は女性の4倍となっている。

 

marrige

フィリピンは女性が圧倒的に多い。

これはフィリピン国内でも外国人とデートしている男女の数からしても歴然とした結果だ。

philippines

 

しかし、女性の方が男性より離婚率が若干高い。

divorce

 

2006年の統計によれば、男性43.3歳、女性30.9歳と男性の年齢のほうが断然高い。

age

 

外国人妻の内訳として多いのがフィリピン、中国、ブラジル等出稼ぎ者が多い。

生きるための結婚。

個人的には理由が明確で好感が持てる。

しかし、これらの国の経済状態が良くなれば、男女の離婚率は速攻で逆転するだろう。

 

愛を根拠に結婚してはいけない?

個人的な経験と見解を述べると、結婚は愛ではなく互いの目的を達成するための契約だ。

これは民法の中ではっきり明記したほうが良いと考える。

結婚する第一の理由としてポピュラーなのが、”相手を独占したい”から。

しかし、残念ながら結婚すればその相手を自分の物にできる強制力はどこにもない。

実際そうなった時に初めて痛感する事だが、誰も助けてくれないだろう。

 

何のために結婚するのか?

まず、お互いにとってドライで具体的な利害を明確にするべきだ。

結婚することで得られる利益とは何か?

■結婚することで財産が統合され、法制度的にサバイバル共同体となる。

■子育てという投資。

■高齢な男性の経済アドバンテージの提供でお互いの利害のバランスをとる。

■結婚という制度下で受けられる制度的恩恵を受ける。

■社会的信用というアドバンテージ。

■介護

 

愛はつまり幻想的概念であり、実態がない。

その不明確な愛を根拠にフィリピン人女性と結婚してすぐ離婚してしまうケースが後を絶たない。

なぜならお互いの事情に温度差がありすぎる。

女性側は愛もあるかもしれないが、経済的安定という明確で大きな利益を達成している。

しかし、男性側の利益はどれくらい達成されるのか?

残念ながら、相手を自分の物にできるという選択肢はない。

自分にとっての利益は何なのかを冷静かつ狡猾に確定する事がフィリピン人との国際結婚に負けないポイントだろう。

結婚の根拠は愛ではなく、互いの利を達成させるためのドライな契約であるべき。

フィリピン探検隊は恋愛と結婚の違いを明確にする必要があるだろう。

 

 もし良かったらブログランキング応援クリック強めにお願いします!!
にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

SPONSORED LINK






  • この記事を書いた人
  • 最新記事
モトボサツ

モトボサツ

2年のセブ島ジャングル生活を経てビサヤ語を習得。その後タガログ語も同時に習得し、最後は英語という逆ばりメソッド。現在生命保険、医療保険コンサルおよびビジネス通訳を兼ねる。元セブの大学にて3年間ストリート系日本語教師の経験あり。

-未分類
-, , , , ,

Copyright© モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.