フィリピン人ってどんな人 フィリピン人嫁の実態

【多産国の秘密】アジアの南米と呼ばれるフィリピンはプリっとした尻が命

投稿日:2020年3月9日 更新日:

もしよかったらブログ村ランキングの応援クリック1回グリっとお願いします?

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

 

プリ尻が命なフィリピンの必殺アイテム

うちのティムは典型的な庶民で激安ワゴンセールとか大好きだ。

ビジネスコンサルのオッサンに怒られるようなことばかりしている。

ショッピングモールの中に必ずある朽ちかけたデパートメントストアーの激安衣料品をあさるのが趣味なのだ。

週末になると半強制的にティムの買い物に付き合わされ、私とカワイイちゃんはそも廃墟のような空間をしばしさすらうことになる。

売り場をうろついているうちに日本では見られないような珍しいアイテムと遭遇することも多々ある。

今回は私とカワイイちゃんが迷いこんだその不思議な世界に潜む尻パット付きの下着をご紹介しよう。

アジアの南米と呼ばれるフィリピンはプリっとした尻が命だ。

あぶく銭が入ると日本人女性は胸にシリコンを注入したりするが、フィリピン人は胸と尻を膨らませる。

最初はなぜ尻なんかにインジェクションするのか意味不明だったが、生活するうちに盛り上がった尻こそが最大のセックスアピールで男性はつねに女性の尻を追いかけながら生活していることに気が付いた。

Belo(日本だとたかの友梨&高須クリニック)とかでインジェクションするオカニ(お金)がなかったり歳をとって尻が垂れたりしてしまった人が行きつくところは尻パット付きの下着なのだ。

場所はパークモール2Fのデパートメントストア。

日本人の尻は四角く潰れていると言われるが、このプリ尻矯正下着で少しでもセクシーに出来たら少子化対策に貢献できる気がして止まらない。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
モトボサツ

モトボサツ

2年のセブ島ジャングル生活を経てビサヤ語を習得。その後タガログ語も同時に習得し、最後は英語という逆ばりメソッド。現在生命保険、医療保険コンサルおよびビジネス通訳を兼ねる。元セブの大学にて3年間ストリート系日本語教師の経験あり。

-フィリピン人ってどんな人, フィリピン人嫁の実態

Copyright© モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.