カルチャーショック 未分類

【格差社会】ABACAのスイーツが不味いというフィリピン人の味覚

投稿日:

一般的にフィリピン人の感覚は味覚も聴覚もすべて大ざっぱ。

料理は海水のように塩辛かったり、店で流れる音楽は話が出来ないほどボリュームが大きかったりする。

うちのアイアイの作る料理も同じ。

塩辛いと言えば次から味が全然足りず、焦がすなと言えば、次はぬるっとした生焼けとなって出てくる。。。

適正化という習慣がないのだろう。

先日、アヤラモールのルスタンス内に新しくオープンしたABACAへ行ってみた。

その時フィリピン人客2名がスイーツを注文しひと口食べてこう言った。

甘くないね。。。まるで砂糖入れ忘れてるみたい
「Dili tam-is. Murag kuwan ug kamay ba」
ディリ タミス  ムラグ クワン オグ カマイ バ

口をへの字に曲げて明らかに不味い顔だった。

ABACAはセブではハイエンドなホテルとレストランを経営しており、外国人が食べても美味いと定評がある。

パンやケーキもフィリピン離れしたハイレベルだ。

スイーツに関しては個人的にもう少し砂糖控えめ目が良いと思うのだが、逆に一般的フィリピン人の味覚からすると甘さが物足りないらしい。

フィリピン人が美味いと思うケーキは日本人にとっては衝撃的に甘すぎ。

まるでコールタールを彷彿させるベットリとした高濃度のチョコケーキがスタンダードだ。

日本に旅行に行き、本場の寿司や天ぷらの微妙な味を本当に楽しめるのはごく限られた味覚を持つ富裕層だけなのだろう。

庶民はライスに関しては白米命でパエリアとか凝った料理は手を付けない。

そんな感じでこちらが美味いと思う絶秒な味はあちらにとって逆に不気味な事が多いのだ。

ローカルフィリピン人を良かれと思って洒落た高級カフェやレストランへ連れて行くと悲劇が生まれる。

慣れない場所は落ち着かないし、料金のわりに満足度は低い。

やはり身の丈にあったジョビリーが一番!

 

お手数ですがよかったら
ランキング応援クリック強めにお願いします!
↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

SPONSORED LINK






 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
モトボサツ

モトボサツ

2年のセブ島ジャングル生活を経てビサヤ語を習得。その後タガログ語も同時に習得し、最後は英語という逆ばりメソッド。現在生命保険、医療保険コンサルおよびビジネス通訳を兼ねる。元セブの大学にて3年間ストリート系日本語教師の経験あり。

-カルチャーショック, 未分類

Copyright© モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.