カルチャーショック

【セブ焼肉】焼いて焼かれて身を焦がす?韓国焼肉がマイブームなフィリピーナ達

投稿日:

日本人がフィリピン人と食事をする場合、相手はCクラスと呼ばれる庶民が大半だ。

その場合、店の選定も支払いも日本人となる。

私の場合、11年間のセブ生活の中で、フィリピン人から食事に誘われ、支払いは割り勘または相手持ちだった激レアなケースが数回あった程度。

先日、コールセンターで働く元大学の教え子グループとばったり会い、その流れで食事に誘われた。

「支払いは割り勘」だと最初に告げられたので、ホイホイついて行くことにした。

韓国焼肉PEARL

イメージビデオ勝手に作りました!ふふふ

今彼女達にとって韓国焼肉がマイブームらしく、給料日には皆で安い焼肉を攻めるらしい。

てっきり韓国人だらけかと思ったが、客のほとんどはフィリピン人。

意外なことに、焼いた肉をサンチュに包んで食べているフィリピン人が結構いた。

ここに来るのは意識が高いフィリピン人なのだろうか?

ここは、肉の卸店もしており、比較的安い値段で焼肉が食べれる店だ。

日本だと下町にある昭和食堂みたいな雰囲気。

店の外には、お父さんと一緒にアクセサリーを作っている少女がいた。

私はこの図に弱いのだ。。。

とりあえず3つ購入。

場所はセブ州庁舎からフェンテオスメニア方面へ徒歩2分

同じ並びにHuman ♡Natureがある。

ここは駐車場があるのでマイカーでも安心して行ける。

ASフォルチュナ通りLHプライム前にもPEARLがあるが、ここは駐車場が1台分しかないので、タクシーで行くのが良いだろう。

ガイサノカントリーモールのところにあるPEAL。

 

こちら良かったらランキング応援クリック
強めにお願いします!!
↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

SPONSORED LINK






 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
モトボサツ

モトボサツ

2年のセブ島ジャングル生活を経てビサヤ語を習得。その後タガログ語も同時に習得し、最後は英語という逆ばりメソッド。現在生命保険、医療保険コンサルおよびビジネス通訳を兼ねる。元セブの大学にて3年間ストリート系日本語教師の経験あり。

-カルチャーショック

Copyright© モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.