現地でウケる日本

【セブ噂】梅宮アンナが設置したオヤジの銅像がセブに!?

投稿日:2018年7月4日 更新日:

悪魔のチャリのオーナーとして私の中で超ヒーローなセブのF氏。

彼の持つドローカルなネタは独特のユーモアと高度な経験値に裏付けられたスパイスの効いたものが多い。

★フィリピン無間地獄★悪魔のチャリに選ばれた男

日本人同士の場合、最近出来たお洒落なカフェ情報とか和食レストランの情報交換が一般的だが、彼の場合かなり角度が違う。

一番好きな白い粉撲滅標語やローカルに大人気の超絶うずら卵店の話等。

個人的には百年に一度の逸材だ。。

「マンダウエに梅宮辰夫の銅像があるの知ってますか?」

え!?

「それって似てるっていうんじゃなくて?」

「いや~あれは絶対本人ですわ。。。」

ツボにハマるとはこのことだ。

もう気になって仕方がない。

F氏はわざわざ私が取材に行くための写真付き地図をメールで送ってくれた。

ウズラ屋と辰夫の地図も添付しときました。
わざわざ行くほどのことはないですが、お近くをお通りの
際にでもご確認いただければと思います
(昨日見に行くと辰夫はドラえもん髭を書かれた上に、
シケモクを吸わされてました)。
辰夫というあたりに銅像があるらしい。

 

た、たしかに梅宮辰夫だ!!

 

ドラえもん髭で上手くカモフラージュされているが、紛れもなく本物だ。

そういえば6年ほど前じゃったかのぉ、梅宮アンナがセブへ来たという目撃情報があったが、あれはひょっとしてオヤジの銅像を置きにきたのかもしれない。

謎の梅宮辰夫の銅像。

ひょっとしてフィリピンで子供を作りまくったのだろうか?

つづく。

こちら良かったら応援クリック強めにお願いします!
↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

SPONSORED LINK






 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

モトボサツ

2年のセブ島ジャングル生活を経てビサヤ語を習得。その後タガログ語も同時に習得し、最後は英語という逆ばりメソッド。現在生命保険、医療保険コンサルおよびビジネス通訳を兼ねる。元セブの大学にて3年間ストリート系日本語教師の経験あり。

-現地でウケる日本
-,

Copyright© モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.