フィリピン人嫁の実態

【確執】フィリピーナを嫁にする前に言っておきたいことがある♪~察しない女vs説明しない男

投稿日:2018年7月23日 更新日:

場末リゾートで子供と思い出作りと思い頑張って遠出したのは良かったのだが、なんとセブ市にたどり着くのに7時間もかかった。

道路の集中工事による片側交互通行によるスーパー渋滞警報。

日本の渋滞のように綺麗に順番を待つという習慣のないガツガツした世界では隙あらば後ろの車が瞬間移動してアウトから刺してくる。

到着時間にして数秒の差にもならないはずだが、しょうもないところでアドバンテージを取りたくてたまらないのだろう。

その他の区間では無意味なオーバーテイク車によるイライラの連続。

中途半端に遅い車の後ろに金魚のフン状態で後続車が連なる。

ミラー越しに後ろのフォーチュナーが反対車線に出たり引っ込んだりして抜きたくてウズウズしているのがわかる。

見通しの悪いブライドコーナーにも関わらずオーバーテイクを試みた。

先頭の車まで30mほど距離がある。

私を抜いた直後に対向車が現れた。

行き場を失ったフォーチュナーは私と前車の間に強引に割って入ってきた。

ブレーキ。

どうせそんなもんだろうと思っていてもその無意味で不細工な運転にイライラしてしまう。

そうやってブレーキパッドが無駄に減ってしまうのだ。

一台や二台ではなく、ドライバーの多くは前の車を無駄に抜きにかかる。

家族がいるセーフティードライバーとしては遠方からの帰りは必然的に我慢大会となってしまうのだ。

昼前に出たのに家に着いたのが夜7時過ぎ。

腹減ったな。。。

しかし、もう一度外出する元気もない。

部屋でグッタリしているところへティムがピーナツを持って現れた。

うへ。。。長距離運転で身も心も疲労困憊している男にピーナツか。。。

ブルースイッチがONとなった。

いつもならグイと飲み込んでしまうところだが、その日は心に1mmの余裕もなかった。

つい、口をついてダイレクトに出てしまったから大変。

九州長男とバコロド長女の頂上決戦だ。

疲れたからちゃんとした晩飯を食いたいと言わない私が悪いというのがO型フィリピーナの感覚らしい。

確かに権利義務関係に着目した場面だと状況を伝えなかった私の落ち度が光る。

私はAB型なのだが、人間関係においてはA型が優勢となり、説明をしなくとも相手を労うという内助の功的なものを求めてしまう。

一方自分の権利は自分で掴むという遠慮なき弱肉強食の世界で生きるメスライオン型フィリピーナとしてはそんな遠回しなことは理解できない。

説明しない男と空気を読まない女という構図となる。

この感性がどうしても合わないので衝突してしまうのだった。

O型メスライオンにははっきりこちらの要件を伝えたほうが良いという結論だけが残った。

繊細な感性で勝負するストリート系ブロガーとしては相手の求めダイレクトで露骨なやり方は物凄く苦手だ。。。

分かりやすく言えばマツコが全裸で迫ってくると余計に萎えるだろう。

フィリピーナと仲良くやって行きたいという方は、相手がO型メスライオン系かどうか確認してから戦略を練ることをお勧めしたい。

 

こちら良かったら応援クリック強めにお願いします!
↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

SPONSORED LINK






 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
モトボサツ

モトボサツ

2年のセブ島ジャングル生活を経てビサヤ語を習得。その後タガログ語も同時に習得し、最後は英語という逆ばりメソッド。現在生命保険、医療保険コンサルおよびビジネス通訳を兼ねる。元セブの大学にて3年間ストリート系日本語教師の経験あり。

-フィリピン人嫁の実態

Copyright© モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.