フィリピンの闇 現地で病気怪我

【注意勧告】25歳カナダ人がジップラインから墜落@タイチェンマイ

投稿日:

リアルなスリル~ジップライン

タイで外国人観光客がジップラインから墜落し死亡事故となった。

タイのチェンマイでジップラインの墜落事故発生。犠牲者は25歳のカナダ人男性で39フィート(12m)下へ墜落した。

「彼のボディハーネスとメインラインのロックが解除された」

ZipLine(ジップライン)とは谷の上に張られたロープに接続された滑車にぶら下り、移動しながら高さや景色を楽しむスリリングなアクティビティでセブ島でも大人気。

モト先輩
海と夜遊び以外ジップライン位しかすること無いからな

しかし、私は11年間のフィリピン生活で一度も乗ったことがない。

日頃から普通に死にかけるフィリピンライフで自ら積極的に死に向かうこともなかろうというのが私の思いだ。

フィリピンに『安全』という言葉はない。

8年前、セブ島のダウンタウンの古いビル(Building)で乗っていたエレベーターが7階から2階まで落ちたことがあった。

もうすぐ7階へ到着するという時に突然エレベーター内の照明が消えドスンという音と共に数メートル落下した。

モトボサツ
落ちながら「こんなところで死んでたまるか」って思ったとです

幸い死亡事故にならなかったが、中に乗っていた数名のフィリピーナの絶叫は今でも夢に出てくる。

フィリピンという国はメンテが出来ない国。

何でも日を追うごとにクオリティは右肩下がりに急降下。

仮に日本やヨーロッパから優秀な機械や設備を輸入して設置しても最初の数か月だけは素晴らしいが、維持管理ができないので一気に安定性を失うのだ。

法律でもなんでも継続性はゼロ。

ましてや中国や韓国製だと危険性に関してはダブルパンチとなる。

せっかく観光に来て楽しもうとしている人にジップラインに乗るなとは言わないが、医療保険または生命保険に入ってから乗った方が良いだろう。

 

日本で入る海外保険の詳細はこちらから

 

現地で入る保険

 

もしよかったら閉じる前にランキング応援クリック1回だけよろしくお願います!

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

モトボサツ絶対おすすめダイビングショップ

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
モトボサツ

モトボサツ

2年のセブ島ジャングル生活を経てビサヤ語を習得。その後タガログ語も同時に習得し、最後は英語という逆ばりメソッド。現在生命保険、医療保険コンサルおよびビジネス通訳を兼ねる。元セブの大学にて3年間ストリート系日本語教師の経験あり。

-フィリピンの闇, 現地で病気怪我
-, , , , , ,

Copyright© モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.