ピグサ(激痛を伴う皮膚病) フィリピンのお土産 フィリピンショッピングモール

【セブ島のお土産シリーズ】Tea Tree Oil(ティートゥリーオイル)はピグサ治療&ニキビ予防に最適

投稿日:

セブで買える美肌維持アイテム

昨年から急にBiil(ボイル)が出来るようになり、大小合わせて20カ所を記録した。

調べてみると一度かかると皮膚の下にトンネルが出来き、体のあちこちに自己拡散していく恐ろしい皮膚病のようだ。

セブではMatag tiki(マタッグ ティキ)、マニラではPigsa(ピグサ)と呼ばれ親しまれている。

抗生物質を病院で処方されてもなかなか効かず、最近では諦めて飲むのを止め、ただ耐えるだけ。

漢方的な治療方法を模索していた時に見つけたのがコレ。

TEA TREE OIL(ティーツリーオイル)

TEA TREE OIL

原産はオーストラリア。キャプテン・クックも愛用。戦争では傷の手当に用いられた。

オーストラリアの原住民は昔から、ティーツリー(Tea tree)の木を「茶の木」と呼び、感染症や皮膚病の治療に使っていて、その抗生物質的な特性についてもよく知られていました。
18世紀のイギリスの探検家、キャプテン・クックがはじめて「ティーツリー」という名を使ったといわれ、船員たちがお茶の葉のかわりにこの木の葉を用いたところ、スパイシーで気分をリフレッシュさせるものだと気づきました。

ティーツリーオイルのオリジナルはオーストラリア。

テルピネン4オール殺菌作用の強い成分が豊富に含まれているとのことだ。

第二次世界大戦のときは、兵士の傷の手当にティーツリーが用いられたとのこと。

まさにセブサバイバルライフではオレガノに並ぶ必須アイテムかもしれない。

セブで買えるショップ情報

セブではBODY SHOPという店で購入できる。

似たようなアイテムが並んでいるので一瞬分かりずらいが、ベストセラーはTEA TREE OIL。

大瓶小瓶ともに20%引き

大瓶と小瓶があり、値段はそれぞれ、795ペソと495ペソ。

今だと20%引きとなる。

早速購入し肌へ塗ってみるとティムからこう言われた。

ティム
あ、この匂い知ってる!

フィリピーナガールズの間でもニキビ予防としてかなり有名らしく洗顔フォームに混ぜて使うのが一般的。

頭に出来物が出ている場合はシャンプーに混ぜて使うと良いそうだ。

気になるのが香り。

私は全く悪臭とは思わないが、

カワイイちゃん
パパ、バホッ!

うちのカワイイちゃんは「パパ、バホ’(くさい)」と言って避けるが、マッサージショップのツーンとした香りに似ている。

セブ島アヤラモールBODY SHOPの場所

 

用途と効能

ニキビ、吹き出物

そのまま患部へ直接塗布する。刺激は少なめ(個人的に人体実験済)。軽いニキビなら翌朝には枯れてくれる。

うがい&口臭予防

塩と共にぬるま湯に一滴落としうがいをすると吉。喉が痛い時や歯肉炎予防にも効果あり。

水虫

セブのマッサージショップのスリッパで水虫を移された人の話とか多いが、白癬菌にも効くらしいので、セブライフ必携アイテム決定。

風呂や足湯に

塩とティーツリーを一緒に入れると血行が良くなり風邪予防に効果がある。

空気清浄

ティーツリー4滴、レモン2滴、ユーカリ4滴。方法は、電動のディフューザーで拡散させる、マグカップに60℃くらいのお湯を入れて精油を落とす、ティッシュに精油をたらして部屋に置く、水とエタノールに精油を加えてスプレーするなど。詳細はこちらのサイトへ

喘息にも効果あり。

まとめ

セブのアヤラモール1F アンダーアーマー店の近く

フィリピンのお土産といえば、ドライマンゴやセブロゴTシャツなど、なんだか垢ぬけない物が多い。

そして、一生懸命選んでも実際は心の底から喜んでもらえないのが現状だ。

1,649view
【悲報】フィリピンのお土産はどんなに一生懸命選んでも微妙に喜ばれないという悲しい現実

所詮フィリピン土産なんて喜ばれない悲しい現実 モトボサツ セブ島情報誌やインターネットでフィリピンまたはセブ島のお土産と ...

続きを見る

渡した瞬間、その辺にポンと置かれてしまい、とても悲しい思いをした人も少なくないだろう。

そんな中、このティーツリーオイルはパッケージも洗練され、フィリピンのコテコテさが全くないので安心だ。

 

もしよかったらランキング応援クリック1回ハゲしくお願いします!!

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

広告主募集中

モトボサツ
会社やお店のバナー貼りませんか?

広告のお問い合わせはこちらからどうぞ!

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
モトボサツ

モトボサツ

2年のセブ島ジャングル生活を経てビサヤ語を習得。その後タガログ語も同時に習得し、最後は英語という逆ばりメソッド。現在生命保険、医療保険コンサルおよびビジネス通訳を兼ねる。元セブの大学にて3年間ストリート系日本語教師の経験あり。

-ピグサ(激痛を伴う皮膚病), フィリピンのお土産, フィリピンショッピングモール
-, , ,

Copyright© モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.