フィリピン旅行

【コロナ対策】セブパシフィックの国内線がなんと88ペソで販売される|またまたプロモ詐欺か?

投稿日:2020年2月21日 更新日:

フィリピン国内旅行88ペソセール

コロナウイルスの影響でセブの語学学校もキャンセルが相次いでいるようだ。

中国以外で真っ先にコロナによる死者が出たことで妙に有名になってしまったフィリピンだが、コロナに感染しているかどうか調べる術がないという後進国ぶりを発揮。

とりあえず現状では表面上、フィリピンより日本のコロナ感染者の方が圧倒的に多い。

フィリピン国内旅行でもコロナの影響で売り上げが落ちている。

ボラカイ島をはじめ中国人が大群を成して押し寄せていたボラカイやその他のリゾート地に行くには今がチャンスだろう!

セブパシフィックが国内旅行激安プランを発表

IT・デザイン × 英語で世界で働く土台をつくる「Monstar Academia」

 

フィリピン最大の航空会社であるセブ・パシフィックは、観光を促進するために国内70か所以上の目的地への運賃を大幅に削減すると述べた。

水曜日から、「今後数日以内」の旅行を含め、基本料金がP88ほどの低価格で提供されると述べた。

セブ・パシフィックは声明で、マニラ、セブ、カガヤン・デ・オロのルギンディンガン、ダオ、イロイロ、ザンボアンガからのフライトに割引料金が適用されると述べた。

セブ・パシフィックは、マニラ、カガヤン・デ・オロ、ダバオ、セブ、プエルト・プリンセサ、イロイロ、バコロドの間で容量を44%も増やすために大型航空機を配備したと述べた。セブ、カガヤンデオロ、バコロド、イロイロの間。

「私たちはこの困難な時期に政府と観光の利害関係者と一丸となります。国内ルートネットワーク全体での座席の供給と運賃の削減により、フィリピンの住民たちが国内を旅行し探検することを奨励したいと考えています」

政府は、中国からの新しいコロナウイルスの発生が空の旅を鈍らせるので、外国人の到着の減速による減収を乗り越えるためフィリピン人が国内の観光スポットを訪れることを奨励している。

詳しくはセブパシフィックのアプリまたはホームページで。

もしよかったらブログ村ランキング応援クリックぜひ1回強めにグリっと押してください!

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

広告バナー募集中 問い合わせはこちらからどうぞ

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
モトボサツ

モトボサツ

2年のセブ島ジャングル生活を経てビサヤ語を習得。その後タガログ語も同時に習得し、最後は英語という逆ばりメソッド。現在生命保険、医療保険コンサルおよびビジネス通訳を兼ねる。元セブの大学にて3年間ストリート系日本語教師の経験あり。

-フィリピン旅行
-

Copyright© モトボサツ勝手にブログセブ島編vol2 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.